東京ニュース

舞台『幾つの大罪』TEAM NACSのソロプロジェクト、戸次重幸の新作公演を東京・大阪・札幌で – ファッションプレス

TEAM NACS(チームナックス)のソロプロジェクトによる舞台『幾つの大罪~How many sins are there?~』が2023年4月15日(土)から4月23日(日)まで東京・EX シアター 六本木で上演され、その後、大阪公演、札幌公演が行われる。チケット一般発売日は3月18日(土)。

TEAM NACSのソロプロジェクト

舞台『幾つの大罪』TEAM NACSのソロプロジェクト、戸次重幸の新作公演を東京・大阪・札幌で|写真1

TEAM NACSは、北海学園大学演劇研究会出身の森崎博之・安田顕・戸次重幸・大泉洋・音尾琢真によって結成された演劇ユニット。そんなTEAM NACSに所属する5名の役者それぞれが、表現したい世界を形にするソロプロジェクトが「5D2-ファイブディメンションズツー(FIVE DIMENSIONS Ⅱ-)」だ。2019年には、戸次重幸によるソロプロジェクトとして舞台『MONSTER MATES』が上演された。

戸次重幸の新作公演

今回上演される「5D2-ファイブディメンションズツー」の舞台『幾つの大罪~How many sins are there?~』は、『MONSTER MATES』以来4年ぶりとなる戸次重幸の新作公演。前作同様、作・演出・出演を戸次重幸が務め、さらに須賀健太・馬場ふみか・前野朋哉・ゆうたろう・濱尾ノリタカ・黒岩司・波岡一喜といった個性豊かな7名がキャストに名を連ねる。

<『幾つの大罪』あらすじ>

物語は、ゴシップ誌記者・大谷唐純が編集長・神崎仁美から死刑囚の特集を任されるところからスタート。特集の内容は、「本物の殺人者による殺害方法のブレインストーミング」だという。大谷が決して順調とは言えない拘置所での取材を続ける中、囚人たちは一人、また一人と謎の死を遂げていく。死刑を目前にした死刑囚たちが困惑していくなか、彼らはようやく自分達が集められた理由にたどり着くのだった…。彼らを待ち受ける“予測不能”の結末とは?

登場人物

・大谷唐純(須賀健太)…ゴシップ誌記者
・神崎仁美(馬場ふみか)…ゴシップ誌の編集長
・小倉トニー(前野朋哉)…ダンサー
・別部麗斗(ゆうたろう)…トランスジェンダー
・団栗伊努治(濱尾ノリタカ)…ギャンブル狂いの漁師
・有栖郎介(黒岩司)…芸能マネージャー
・燕尾一郎(波岡一喜)…自称ミュージシャン
・浦洲鳶右衛門(戸次重幸)…大学教授

【詳細】

TEAM NACS Solo Project 5D2 -FIVE DIMENSIONS II-
『幾つの大罪~How many sins are there?~』
作:戸次重幸
演出:戸次重幸
出演:須賀健太、馬場ふみか、前野朋哉、ゆうたろう、濱尾ノリタカ、黒岩司、波岡一喜、戸次重幸
チケット一般発売日:2023年3月18日(土)10:00~
※本公演の一般発売はローチケWEBサイトからのみ購入可能。電話やローソン・ミニストップ店頭に設置の「Loppi」では予約・購入できない。「Loppi」で発券のみ可能。
チケット料金:全席指定 8,500円
※開場は開演の1時間前。
※未就学児童の入場不可。
※車椅子での来場予定者は、チケット発券後、各公演の「問い合わせ」まで要連絡。

■東京公演
日程:2023年4月15日(土)~4月23日(日)
会場:EX シアター 六本木
住所:東京都港区西麻布1-2-9

■大阪公演
日程:2023年4月28日(金)~4月30日(日)
会場:森ノ宮ピロティホール
住所:大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5

■札幌公演
日程:2023年5月5日(金・祝)~5月7日(日)
会場:カナモトホール
住所:北海道札幌市中央区北1条西1丁目

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button