東京ニュース

6名の新加入選手を迎え、J3昇格を誓う2シーズン目。クリアソン新宿が2023シーズンの新体制発表会を開催。区長をはじめ、学生、飲食店主などとともに「地域の人が主役になれるサッカークラブ」についてトークセッションも実施。 │ Criacao Shinjuku Official Site

Criacao Shinjukuは、2023シーズンの新体制発表会を開催しました。

昨年は16チーム中15位という結果で終わり、迎えるJFL 2年目。改めて、2023シーズンの目標をJFL優勝・J3昇格とし、2027年の「世界一」に向けて進んでいきます。

新加入は J2 ファジアーノ岡山から齊藤和樹、ザスパクサツ群馬から中山雄登、J3いわてグルージャ盛岡から石井圭太、AC長野パルセイロから佐野翼、福島ユナイテッドFC から鈴木翔登、明治大学サッカー部から赤井シャロッド裕貴の計6名が仲間に加わりました。

また、ロアッソ熊本、大宮アルディージャでヘッドコーチをつとめた、元日本代表の北嶋秀朗がヘッドコーチとして加入しました。

地域・事業の面では、昨年JFL歴代最多観客動員数を更新した国立競技場での試合のように、新宿の地域の方々や、協業を進めるパートナーの社員の方々が、クリアソン新宿を使って主役になれる、そんなサッカークラブを目指します。

JFL 2シーズン目となる2023シーズンは「新宿 第二幕」と題して、試合を中心にした顧客体験についてもさらなる進化を目指します。

<2023シーズン 新体制> ※1/22時点
代表 丸山 和大
監督 成山 一郎
ヘッドコーチ  北嶋 秀朗
コーチ 伊藤 大介
アナリスト 吉澤 幸村
アシスタントコーチ 土田 雄弘
トレーナー 加藤 賢、前田 智子、竹口 正範
コーディネーター 中原 啓吾
マネージャー 廣谷 未宇
ドクター 原口 貴久

GK
1 阿部 雄太、41 岩舘 直
DF
2 瀬川 和樹、15 米原 祐、25 千葉 丈太郎、29 小屋原 尚希、39 鈴木 翔登
MF
6 森村 昂太、7 渥美 瑛亮、8 須藤 岳晟(★)、10 上田 康太、11 伊勢 太一、13 高橋 滉也、14 澤井 直人、17 池谷 友喜、20 樋口 裕平、22 剣持 雅俊、21 中山 雄登、24 西山 大輝、31 大﨑 淳矢、37 黄 誠秀、45 石井 圭太

FW
3 齊藤 和樹、9 原田 亮、26 赤井 シャロッド 裕貴、33 佐野 翼
50 岡本 達也

(★)は、キャプテン

 

開会に際して、代表の丸山が、2023シーズンのクラブ経営方針について発表。クリアソンが目指す3つの社会的インパクトを「イキイキ」「ビジネス」「リーダーシップ」に設定し、その実現に向けて全力を尽くすことを約束しました。

トークセッションでは「新宿のこれからとクリアソン新宿」をテーマに、新宿区 吉住健一 区長、東京商工会議所新宿支部 髙野吉太郎 会長、クリアソン新宿 キャプテン 須藤岳晟が、「私の日常とクリアソン新宿」をテーマに、新宿三丁目でBar J-club を営む川元隆史さん、新大久保商店街振興組合の伊藤節子さん、新宿区にある桜美林大学の学生、佐藤晴さん、クリアソン新宿からは岩舘直が登壇しました。

「2023シーズンについて」では、クリアソン新宿のチーム運営統括で、株式会社Criacao 執行役員の原田亮が、今シーズンのJFLのレギュレーション、そして、サッカーとビジネスを両立しながらJ3に昇格するための戦略として、練習環境のアップデートなどについてプレゼンテーションを行いました。

ホームで着用する紫の1stとアウェイで着用する白の2ndのユニフォームはそれぞれ隔年でデザインを刷新していますが、2023シーズンは1stが新デザインに。コンセプトは”多様性の共鳴”近づいて見ると模様や色が違うが、引いて見るとクリアソン新宿の紫に。このデザインを、新宿にもゆかりがある「江戸小紋」で表現。

最後に監督、キャプテンの後、新加入選手を代表して鈴木翔登が、2023シーズンの意気込みを語りました。

<2022シーズンに向けてのコメント>

監督 成山 一郎
「昨年は、たくさん負けてしまいましたが、スタンドからの声援、そして『大丈夫だ』という言葉をいただき、勇気をもらいました。今年、その恩返しをします。新宿に明るい話題を提供し、新宿に貢献できるチームになります。皆様の心に火を灯すことのできるチームになります。皆様と一緒に、理念の体現・目標達成をしたいと思っておりますので、引き続き、ご支援ご声援を賜りますようよろしくお願いいたします」

キャプテン 須藤 岳晟
「2023シーズン、キャプテンをつとめる須藤岳晟です。2022シーズンは非常に悔しい結果になりました。しかし、勝てない時期にもクラブに共感していただいている皆様が周りにいることを感じました。皆様とともに感動を、新宿から世界へ豊かさを創り出していくために、これまでの歴史を継承しながらも、既存選手・新加入選手一丸となって、新しいクリアソン新宿を目指します」

新加入選手代表 鈴木 翔登
「クリアソンに入って2週間弱、クリアソンのことを理解するためのミーティングや、ビジネススキルを習得するための研修に励んでいます。その中で、何か一つ感想を言うとすれば『最高のチームに来ることができた』ということです。僕は昨シーズンに一度引退をしました。それは、心が激(たぎ)っていないのに、契約があることを理由にサッカーを続けている自分自身に嫌気がさしたからです。そんな中で、クリアソン新宿から声をかけてもらって、同じ志で同じ船を漕いでいる人たちに出会って、力になりたいと思いました。サッカーを通じて世の中に豊かさを届けられるよう、全力を尽くします」


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button