東京ニュース

ベストカー編集部員が選ぶ!! これは衝撃すぎた東京モーターショーのクルマたち – 自動車情報誌「ベストカー」

/ コラム

ベストカー編集部員が選ぶ!! これは衝撃すぎた東京モーターショーのクルマたち

 本来であれば「第47回 東京モーターショー」が開催されていた2021年。

 残念無念とばかりも言っていられないので、今回はベストカー編集部員がピックアップした、東京モーターショーに登場した衝撃的なコンセプトカーをご紹介!

 各メーカー広報に聞いた「今年の準備どこまで進んでました?」も掲載!

●ほんとならこんな新型出てたはず!? ベストカーWeb版 東京モーターショー2021!! 【トヨタ・レクサス・スバル編】
●ほんとならこんな新型出てたはず!? ベストカーweb版 東京モーターショー2021!! 【日産・三菱編】
●ほんとならこんな新型出てたはず!? ベストカーweb版 東京モーターショー2021!! 【ホンダ・マツダ・スズキ編】
※本稿は2021年10月のものです
文/ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2021年11月10日号

【画像ギャラリー】あまりに鮮烈で忘れられないあの出会い……衝撃すぎた東京モーターショーのクルマたち(13枚)画像ギャラリー

【イイジマセレクト】ホンダ PUYO

ホンダ PUYO(2007年) 柔らかボディの人にも環境にもやさしいコンセプト。「柔らかな雰囲気に心を奪われました」(イイジマ)

 2007年の第40回東京モーターショーに出展されたホンダの「PUYO」ですね。押すと弾力を感じる柔らかなボディも衝撃だったし、そのジェルボディの奥に備えられたヘッドライトが柔らかく光るのも好きでした。

 実は燃料電池車だったり、インパネが起動とともに盛り上がったりとか、いろいろハイテクだったんですが、そんなことより(笑)、車両全体が発する「柔らか」な雰囲気に心を奪われましたね。

 これ、自動運転機能付けて遊園地とかで巡回させたら、子どもとか喜びそうですよね。夢を感じさせる一台でした。

【イイボシセレクト】マツダ RX-01

マツダ RX-01(1995年) FD3S型RX-7の次期モデルになるはずだったロータリースポーツのコンセプトモデル。「4代目RX-7で市販化してほしかった!」(イイボシ)

 1995年のマツダRX-01が忘れられない! FD型に次ぐ4代目RX-7と目されたFRのロータリー(RE)スポーツで、車重1100kgの軽量コンパクトなボディと220psの自然吸気RE。元来RE好きだった私にとってはまさに「神」であり、どんなに高くても絶対買ってやる! と決意するほどのものだった。

 でも、残念ながらお蔵入り。結局はRX-8が2003年に登場し、それを購入することで願いは叶ったわけだが、コンパクトクーペのRX-01の走りはどうだったのかという興味は今も残っている。

次ページは : 【イチハラセレクト】三菱 SE・RO

クレジットソースリンク
もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button