東京ニュース

<華宝塚>舞台人として誠実に 水美舞斗(花組):東京新聞 TOKYO Web

花組公演「はいからさんが通る」で鬼島森吾を演じる水美舞斗=東京宝塚劇場で

花組公演「はいからさんが通る」で鬼島森吾を演じる水美舞斗=東京宝塚劇場で

 大正浪漫の薫り漂う東京を舞台にした花組公演「はいからさんが通る」(十一月十五日まで、東京宝塚劇場)は、同名の少女漫画が原作。陸軍少尉、伊集院忍(柚香光(ゆずかれい))と快活な女学生、花村紅緒(華優希(はなゆうき))を中心に繰り広げられる波瀾(はらん)万丈の恋物語の中で、忍の部下で軍曹の鬼島森吾(おにじましんご)を演じている。「鬼島のおとこ気、情に厚い部分を出せたら」と役への思いを語る。三年前の公演でも鬼島を演じたが、あらためて台本を読み込むうちに「役に対するアプローチの仕方が変わった」といい、「今回はより一層濃く演じたい」。

 当初は五月に幕が上がる予定だったが、コロナ禍で五カ月遅れて初日を迎えた。自粛期間中は、「舞台のクオリティーが落ちないように自宅でトレーニングを欠かさず、再開を待ちました」と話す。外出できない日が続いたが「外食に見えるように時間をかけて自炊する“外食ごっこ”」など工夫して楽しんだことも明かす。

 「傷を負った人間が仲間と出会うことで前に進む。そんなところが作品の魅力です」

 入団十二年目の男役。歌、芝居のほか、キレのあるダンスにも定評があり、舞台には欠かせない存在。「舞台人として誠実でありたい」と語る。その心は「舞台には人となりがにじみ出てくる」といい、タカラジェンヌのモットーである「清く、正しく、美しく」を心に刻む。「毎公演、何かしらで進歩したい」と日々舞台に立つ。 (山岸利行)

●● 三つの質問 ●●

 (1)無人島に何かひとつだけ持っていくとしたら?

 −ひとりは寂しいので仲間。人でなければ、お米。お米は力が出るし、飽きません。

 (2)「幸せだなあ」と感じるときは?

 −舞台に立っているとき。コロナ禍で長い間休演になっていただけに、こんなに幸せだったんだと感じました。

 (3)1週間休みがあったら何をしますか?

 −温泉に行きたい。おいしいものを食べ、部屋に戻ると布団が敷かれているのがうれしい。

 ※2021年2月6、7日、水美舞斗ディナーショー「Aqua Bella!!」(東京・新橋の第一ホテル東京)に出演予定。

<みなみ・まいと>

 (1)出身地=大阪府寝屋川市

 (2)出身校=大阪国際大和田中学

 (3)入団年=2009年

 (4)愛称=みなみ、マイティー

 (5)趣味=旅行、ドライブ、ショッピング

 (6)好きな花=バラ、桜


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button