東京ニュース

東京タワー見下ろす!“コロナ仕様”日本一高いビル誕生へ(2020年9月17日放送『news every.』より)



17日、三菱地所が発表したのは東京駅前再開発の巨大プロジェクトの詳細。

三菱地所・吉田淳一社長「トーチタワーというふうに決定いたしました」

7年後の2027年度、東京駅の日本橋口前に日本一高い超高層ビルが誕生するといいます。現在の日本一高いビルは大阪「あべのハルカス」の300メートルですが、計画中の「トーチタワー」は390メートル。完成時点では日本一高いビルになる予定です。

となると、気になるのはその眺め。建設予定地にはまだ別のビルが建っていますが、私たちはそのビルの屋上にのぼらせてもらうことができました。

新しいビルの展望台の高さあたりまでドローンを飛ばしてみると…東京タワーや東京湾まで見渡せるように。サッカーコート4面分を超える広さの土地に4つの建物が建つ10年がかりの再開発計画。その課程ではコロナ禍ならではの変更もありました。先週、会議の様子を特別に取材させてもらうと…。

「屋上庭園をすごく大事にしたいなと思っていて」

話し合われていたのは“外の空間”の使い方。

三菱地所常盤橋開発部、開発企画ユニット統括、谷沢直紀さん「コロナの話もありまして計画として、広場の空間、外側に広がっていく空間というのを少し拡大して整備していくっていうことにしました」

当初の予定では何もなかった建物の外壁には、なんと通路が。3密を避けるため、ビルの中を通らず移動できるほか、低層階に新たに庭園をもうけて混雑を避ける工夫がされていました。

7年後、東京駅前の風景が大きく変わりそうです。

2020年9月17日放送『news every.』より

#日テレ #newsevery #新型コロナウイルス #最新ニュース

◇日本テレビ報道局のSNS
Twitter 

Facebook 

Instagram 

◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS 24 HP

◇日本テレビ特設サイト「新型コロナウイルスと私たちの暮らし」

【都道府県別】国内の感染者・死者数をグラフで見る

【世界・国別】海外の感染者・死者数をグラフで見る

【全国約80か所】各地の人出は?人口変動の推移をグラフで見る

ソース

もっと見せて!

Related Articles

29 Comments

  1. 17日、三菱地所が発表したのは東京駅前再開発の巨大プロジェクトの詳細。

    三菱地所・吉田淳一社長「トーチタワーというふうに決定いたしました」

    7年後の2027年度、東京駅の日本橋口前に日本一高い超高層ビルが誕生するといいます。現在の日本一高いビルは大阪「あべのハルカス」の300メートルですが、計画中の「トーチタワー」は390メートル。完成時点では日本一高いビルになる予定です。

    となると、気になるのはその眺め。建設予定地にはまだ別のビルが建っていますが、私たちはそのビルの屋上にのぼらせてもらうことができました。

    新しいビルの展望台の高さあたりまでドローンを飛ばしてみると…東京タワーや東京湾まで見渡せるように。サッカーコート4面分を超える広さの土地に4つの建物が建つ10年がかりの再開発計画。その課程ではコロナ禍ならではの変更もありました。先週、会議の様子を特別に取材させてもらうと…。

    「屋上庭園をすごく大事にしたいなと思っていて」

    話し合われていたのは“外の空間”の使い方。

    三菱地所常盤橋開発部、開発企画ユニット統括、谷沢直紀さん「コロナの話もありまして計画として、広場の空間、外側に広がっていく空間というのを少し拡大して整備していくっていうことにしました」

    当初の予定では何もなかった建物の外壁には、なんと通路が。3密を避けるため、ビルの中を通らず移動できるほか、低層階に新たに庭園をもうけて混雑を避ける工夫がされていました。

    7年後、東京駅前の風景が大きく変わりそうです。

    2020年9月17日放送『news every.』より

    #日テレ #newsevery #新型コロナウイルス #最新ニュース

    ◇日本テレビ報道局のSNS

    Twitter https://twitter.com/news24ntv

    Facebook https://www.facebook.com/ntvnews24/

    Instagram https://www.instagram.com/nippontv.news24/

    ◇【最新ニュースLIVE配信中】日テレNEWS 24 HP

    http://www.news24.jp/index.html

    ◇日本テレビ特設サイト「新型コロナウイルスと私たちの暮らし」

    https://www.ntv.co.jp/news_covid19/

    【都道府県別】国内の感染者・死者数をグラフで見る

    https://www.news24.jp/archives/corona_map/index2.html

    【世界・国別】海外の感染者・死者数をグラフで見る

    https://www.news24.jp/archives/corona_map/index.html

    【全国約80か所】各地の人出は?人口変動の推移をグラフで見る

    https://www.news24.jp/archives/corona_map/index4.html

  2. 子供持たない人は暇でやることないから東京圏行って一生遊んで贅沢して暮らします。だから東京圏一極集中は解決しません。子供持たない人が東京圏行っていい仕事する意味ありません。大阪や名古屋に住んでも遊びや贅沢ありません

  3. どんなに高い建物ができても やっぱり俺は東京タワーが好き。他の建物とは哀愁が違う

  4. 7年後に三密回避って三菱地所は馬鹿なのか。高学歴の人達が集まって考えることがこれ?

  5. 東京オリンピックみて、これ登って、リニア新幹線乗れたらオレもう死んでもいいかも

  6. 上海やニューヨーク、ソウルでも500m級は建ってる。日本は地震国というのもあるけど、低層オフィスビルを数で建てまくったから、あんまり高いのは建たないよね〜。航空法の制限もあるし

  7. 日本人ーーーー罪悪滔天2020-9-17,yahoo ‼️最前線にいた元皇軍兵士14人が中国人への加害を告白──『日本鬼子』の衝撃‼️
    9/17(木) 19:26配信yahooに‼️最前線にいた元皇軍兵士14人が中国人への加害を告白──『日本鬼子』の衝撃‼️村を襲撃した元兵士は家の中で幼児と共に震えていた若い妊婦をレイプしようとしたが抵抗され(99%レイブ済)、髪をつかんで家から引きずり出して井戸にたたき込んだという。泣き叫びながら井戸をのぞき込もうとした幼児も滑り落ち、その後に彼は部下に命じて、井戸の中に手榴弾を投げ込ませた。無数の悪鬼の1人‼️罪悪滔天‼️
    <捕虜の生体解剖や生体実験を行っていた731部隊員、南京虐殺に加担した兵士、捕虜の大量処刑に関わった憲兵。年老いた彼らが淡々と語るかつての加害行為。これは中国の映画ではない>

    ILLUSTRATION BY NATSUCO MOON FOR NEWSWEEK JAPAN
    『日本鬼子』と書いて「リーベン・クイズ」と読む。中国語圏で日本人を指す蔑称だ。ただし中国の映画ではない。日本で制作されたドキュメンタリー映画だ。【森達也】

    満州事変で始まった日中戦争は15年に及んだ。このとき最前線にいた皇軍兵士14人が、半世紀以上の時間が経過してから、中国兵士や一般国民に対する自らの加害行為を告白する。14人の中には捕虜の生体解剖や生体実験などを日常的に行っていた731部隊員もいるし、南京虐殺に実際に加担した兵士や、捕虜の大量処刑に関わった憲兵もいる。

    すっかり年老いた彼らは自宅の居間や縁側、ホテルのロビーや診療所で、かつての加害行為を淡々と語る。村を襲撃した元兵士は家の中で幼児と共に震えていた若い妊婦をレイプしようとしたが抵抗され、髪をつかんで家から引きずり出して井戸にたたき込んだという。泣き叫びながら井戸をのぞき込もうとした幼児も滑り落ち、その後に彼は部下に命じて、井戸の中に手榴弾を投げ込ませた。

    こうしたてん末を淡々と話しながら彼は、自分の孫を膝の上に乗せている。そしてふと気付いたように、あのときの子供とこの孫は同じくらいの年だったかも、とつぶやいた。

    スタンリー・キューブリック監督はベトナム戦争が題材の『フルメタル・ジャケット』で、兵士たちが壊れていく過程をドラマにした。人は本来なら人を殺したくない生き物だ。だから勇敢な兵士にするには、そのバリアーを崩さなければならない。海兵隊の訓練はその典型だ。ところがベトナム戦争後、兵士の多くは社会復帰できないほど壊れてしまったことにアメリカは気付く。ベトナム帰還兵のPTSD(心的外傷後ストレス障害)がテーマの映画は、ほかにも『タクシードライバー』『ディア・ハンター』『ランボー』など数多い。イラク戦争後には『アメリカン・スナイパー』が話題になった。

    僕は『日本鬼子』を、『A2』が招待された香港国際映画祭で観た。日本兵の加害行為をテーマにした作品はそれまでにもいくつか観ていたが、そのほとんどは「上官に命令されて」「同僚が加害行為に加担したらしい」など、受け身で傍観者的な証言だった。ところがこの映画に登場する14人は全て加害の当事者だ。語ることで閉じ込めていた記憶が喚起され、呆然としていることも共通している。衝撃だった。多くの中国(香港)人と一緒に映画を観ながら、僕はずっと歯を食いしばっていた。

    <今も加害行為を歴史にできていない>
    この映画が公開されてからほぼ20年。日本では今も、南京虐殺はなかったとか、従軍慰安婦はいなかったと主張する人が後を絶たない。あの戦争はアジア解放が大義だ、虐殺などあるはずがない、と。だから認めない。直視しない。多くの人が使う「先の大戦」という呼称が象徴的だ。固有名詞がないのだ。今さら『主戦場』が激しい論争を呼び起こすことが、この国の現状を端的に示している。つまり日本は今も、自分たちの加害行為を歴史にできていない。

    上映が終わって出口に向かう通路を歩いていたら松井稔監督と擦れ違った。静かに握手を求められたけど、感想は何も言えなかった。「圧倒されました」とつぶやいたかもしれない。それが精いっぱいだった。

    『日本鬼子(リーベンクイズ) 日中15年戦争・元皇軍兵士の告白』(2001年)
    (c)「日本鬼子」製作委員会
    監督/松井 稔
    ナレーション/久野綾希子

    <本誌2020年5月19日号掲載>
    ‼️罪悪滔天‼️
    ‼️無数の悪意の一幕‼️

    『日本鬼子』の衝撃 DVD,楽天(リーベンクイズ) 日中15年戦争・元皇軍兵士の告白(ドキュメンタリー) 4,461円(税込)送料無料
    『日本鬼子』の衝撃‼️村を襲撃した元兵士は家の中で幼児と共に震えていた若い妊婦をレイプしようとしたが抵抗され(99%レイブ済)、髪をつかんで家から引きずり出して井戸にたたき込んだという。泣き叫びながら井戸をのぞき込もうとした幼児も滑り落ち、その後に彼は部下に命じて、井戸の中に手榴弾を投げ込ませた。

  8. 中国の高層ビルみたいなかっこよさもほしいけど…地震が多いから仕方ないか

  9. 日本の技術なら1キロの高層ビルを建てるのは意外に簡単なのです
    日本の高層ビルは世界一安心できると思う、組んでいく鉄骨もアジア諸国の高層ビルの2倍〜3倍は太いし、組んでいく鉄骨数も凄い
    一番凄いのは地下基盤を本当に深く掘り上げて基礎工事に時間をかける

  10. 動画見るまでランドマークが日本一だと思っていた自分が恥ずかしい^_^テヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button