東京ニュース

東京ステーションホテルとグローブ・トロッターがコラボ。英国を旅するアフタヌーンティーがスタート。 | Vogue Japan

グローブ・トロッター アフタヌーンティー ¥7,300、400名限定のミニポーチ付き¥9,300(税・サービス料込)

グローブ・トロッターは1897年にイギリスで誕生した、120年以上の歴史を持つラゲージブランドだ。クラシックとモダンが共存する優れたデザインはトラベルケースの象徴的存在として、世界中の著名人や冒険家にも愛用されている。そのグローブ・トロッターと東京の玄関口に位置し100年以上の歴史を有する東京ステーションホテルの“旅”というコンセプトが一致し、今回のコラボレーションの実現に至った。

グローブ・トロッターがイギリスのブランドであること、また、東京ステーションホテルのインテリアデザインをイギリスのデザインファームが手がけていることから、テーマは“イギリスを旅する”に設定。米粉&米ぬかを使ったホテルオリジナルの焼菓子“ロンデル”の上にユニオンジャックをプリントしたチョコレートをデコレートした「ロンデルwithユニオンジャック」、イギリス発祥の伝統菓子のフルーツケーキを、ラム酒につけたドライフルーツをふんだんに用いて風味豊かに仕上げた「ラム酒風味のフルーツケーキ」、イギリスの家庭料理のミートパイ「シェパードパイ」など、スイーツ6種、セイボリー6種がラインナップする。グローブ・トロッターの世界観を表現したスーツケース型のスイーツとバッグ型のセイボリーも見逃せない。

ドリンクは、英国王室御用達ブランド「フォートナム・アンド・メイソン」をはじめ、オリジナルフレーバーティーやハーブティー、ブラックティー、コーヒーなどから、お替り自由、種類変更自由で楽しむことができる。

ゲストが手にすることになるメニューカードはグローブ・トロッターのパスポートスリーブをモチーフにデザインした。会場となるアトリウムにはグローブ・トロッターのアイコンモデルのトラベルケース「サファリ」をディスプレイ。さらに、今回のために作ったミニポーチが付く400名限定のアフタヌーンティープランや、「グローブ・トロッター アフタヌーンティー」付きの宿泊プランも販売中だ。

東京駅舎の中にいながら英国の旅気分に存分に浸ることができるアフタヌーンティー、ぜひ味わってみて。

グローブ・トロッター アフタヌーンティー
提供日/ 9~12月の指定日、詳細はHPにて
場所/東京都千代田区丸の内1-9-1 東京ステーションホテル4F ゲストラウンジ・アトリウム
時間/13:00、もしくは13:30開始
・2時間制(ドリンクのラストオーダーは30分前)
・各日限定30名
・2日前の12時までに要予約、満席になり次第受付終了
予約方法/公式サイトにてオンライン予約、または、03-5220-0514(アトリウム直通、10:00~16:00)
https://www.tokyostationhotel.jp/restaurant02/gtafternoontea/

Text: Aya Hasegawa

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button