東京ニュース

侍ジャパンのベストオーダーを考える 高橋慶彦氏のポイントは4番と「唯一の飛び道具」 | Full-Count

「佐藤輝明君が入らなかったのは残念だが…」

 侍ジャパン日本代表が、悲願の金メダル獲得を目指す東京五輪野球競技は28日に開幕する。グループAに入った日本代表は同日に福島でドミニカ共和国と激突、同31日に横浜でメキシコと対戦する。かつて広島のスター遊撃手として一世を風靡した高橋慶彦氏が、自身の考える侍ジャパンベストオーダーを選定。4番には後輩の鈴木誠也外野手を指名した。そこにはOBとしての思い入れだけではない根拠がある。

 1975年から広島、ロッテ、阪神で18年間活躍。盗塁王3度、遊撃手としてベストナイン5度を誇り、広島ではリーグ優勝4度、日本一3度に貢献した高橋氏。東京五輪出場メンバーの顔触れについては「阪神の佐藤輝明君が入らなかったのは残念」と感想を口にする。

 ドラフト1位ルーキーの佐藤輝の打棒は、NPB前半戦最大の話題となった。「メンバー入りしてもおかしくはないが、打撃でまだまだ穴が多いという判断だろうね。経験が少ないから、短期決戦ではヨーイドンで打てなかった場合、ズルズルと引きずったまま終わってしまう可能性がある。怖い賭けになる。経験のある選手にその心配はないからね」と指摘する。

 高橋氏が選んだベストオーダーは以下の通り。

1(指)山田哲人(ヤクルト)
2(遊)坂本勇人(巨人)
3(中)柳田悠岐(ソフトバンク)
4(右)鈴木誠也(広島)
5(左)吉田正尚(オリックス)
6(三)村上宗隆(ヤクルト)
7(一)浅村栄斗(楽天)
8(捕)甲斐拓也(ソフトバンク)
9(二)菊池涼介(広島)

 鈴木は5月に新型コロナウイルスに感染して戦列を離れたこともあり、今季は突出した成績を残しているわけではない。4番を打てる打者は他にも柳田、吉田、村上、浅村ら数多い。それでも、鈴木には2019年「第2回 WBSC プレミア12」の全8試合で4番を務め、打率.444、3本塁打、13打点をマークし、侍ジャパンが世界一の座に就く原動力となった実績がある。

「力のある打者は他にもいるが、経験値のある誠也を4番に持っていけば誰も文句を言わない。最も座りがいい。打順を組みやすくなる。誠也は打てればもちろん良いし、打てなくても5番以降の打者が比較的楽に打席に入れる。他の打者に余計なプレッシャーをかける必要がなくなる」と高橋氏。最大の重圧を引き受け、機能する打線をつくる上で最適の4番が鈴木というわけだ。

源田は代走、代打、守備固めと「展開によってなんでもイケる」


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button