テクノロジーニュース

BirdDog 社、NDI® 5.5 を含む最新の IP ビデオ伝送規格に対応した PTZ カメラ BirdDog Eyes P240 を発表

PTZ カメラ、コンバーター、ソフトウェアなど NDI 対応の幅広い製品ラインナップを持つ BirdDog 社は、最新の NDI バージョン NDI 5.5 を含む最新の IP ビデオ方式に対応した新しい PTZ カメラ BirdDog Eyes P240を発表しました。

BirdDog 社は、会社設立時から独自に非常に小さな高性能 NDI チップを開発しており、世界初の SDI/HDMI と NDI の相互変換コンバーターを開発した先進的なメーカーです。今回の発表により最新の NDI バージョン NDI 5.5 にネイティブ対応し、SRT や H.264 など話題の IP ビデオ伝送方式にも対応した「P240」が新たに PTZ カメラのラインナップに加わりました。また、今回の発表に伴い P240 を3台購入すると専用のハードウェアコントローラー PTZ Keyboard が無料で付いてくるバンドルキャンペーンや、BirdDog 社の NDI PTZ カメラを代表する P200 の製品価格の大幅値下げが決定し、よりお求めやすくなりました。

P240

NDI® 5.5 ネイティブ対応の PTZ カメラ

BirdDog 社の NDI PTZ カメラを代表する製品 P200 から更に進化を遂げた P240 は、Sony Exmor R ブロードキャストセンサーを搭載し、光感度の向上によってクラス最高の画質と性能を実現しています。P240 は、NDI、SDI、HDMI の 3 つの出力オプションで究極のビデオ柔軟性を実現し、バランス XLR オーディオによりプロフェッショナルなオーディオ接続も可能にします。

また、P240 は NDI 5.5 をネイティブ対応しています。IP ビデオ伝送用途にはフル NDI、NDI | HX2、NDI | HX3 といった NDI 選択肢の他、SRT、H.264、Cloud Connect への出力もサポート。また、AR/VR ワークフロー向けの FreeD 出力もサポートしています。さらに、IP アドレスを表示する有機 EL ディスプレイ、視認性の高いタリー、フィルタースレッド、自動追従カメラ機能も無料で利用できます。

BirdDog Eyes P240 希望小売価格は、511,500 円 (税込) です。カメラ本体の色はブラック、またはホワイトからお選びいただけます。P240 を3台購入すると専用のハードウェアコントローラー PTZ Keyboard が無料で付いてくるバンドルセットは、1,534,500 円 (税込) です。

P200
販売価格を大幅値下げ

BirdDog Eyes P200 は、世界初のフル NDI 対応 PTZ カメラです。フルカラーマトリックスや自動追従を含む無料のツールセットなど、他にはないユニークな機能を手頃な価格で提供する BirdDog 社の NDI PTZ カメラを代表する製品です。

BirdDog Eyes P200 希望小売価格は、392,700 円 (税込) になりました。よりお求めやすくなった P200 をこの機会に是非ご検討ください。

その他ソフトウェア、既存製品のアップデート情報や新機能の情報を BirdDog IBC 2022 特設ページでご確認いただけます。
https://birddog.tv/ibc2022/

<BirdDog について>

BirdDog 社は、NewTek 社が推進する IP 伝送テクノロジー「 NDI 」に対応したコンバーターや PTZ カメラを中心に製造・販売しています。ベースバンドビデオから NDI などの IP ワークフローへの移行を容易にするソリューションを提供しています。BirdDog 社は、会社設立時から独自に非常に小さな高性能 NDI チップを開発しています。NDI は DCT 圧縮技術を利用していますが、BirdDog 開発の NDI チップの性能により、エンコード / デコード時の処理時間はいずれも 16 ミリ秒という、非常に低いレイテンシーを実現しています。この NDI チップの開発により、BirdDog は、世界で初めてとなる SDI/HDMI と NDI の相互変換ができる NDI コンバータを開発・販売へと移っていきます。

ウェブサイト : https://birddog.tv/

ウェブサイト [日本語] : https://www.ask-media.jp/birddog.html

<株式会社アスク 概要>

株式会社アスクは、目的に応じたソリューションとサービスを提供する総合商社です。主に米国、ヨーロッパ、台湾、韓国などの最先端かつユニークな製品を皆様に紹介・提供。取り扱い製品はコンピュータ周辺機器、携帯電話周辺機器、サーバ・ストレージ関連機器、業務用映像機器と多岐にわたり、Advanced Micro Devices, Inc.(AMD), AJA Video Systems, ASUSTeK Computer, ASRock, ATTO Technology, AVerMedia, CORSAIR, Cooler Master, Crucial, ELSA JAPAN, HTC VIVE, Micro-Star International(MSI), Micron, NVIDIA, NewTek, Synology, SAPPHIRE TECHNOLOGY, Supermicro, Tripp Lite(旧Keyspan), Thermaltake, ZOTAC Technology Limited など多数の海外メーカーの代理店をしております。

URL:https://www.ask-corp.jp/

<本ニュースリリースに関するお問い合せ先>

株式会社アスク 製品担当:山本 操

TEL:03-5215-5676、FAX:03-6672-6858

〒102-0076 東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル11階

株式会社アスク WEB URL:http://www.ask-media.jp/

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button