テクノロジーニュース

ビデオゲームは本当に高額になっているのか? – GamesIndustry.biz Japan Edition

ゲームアナリストのSam Naji氏が,ビデオゲームの価格の変化に注目し,過去の世代よりも相対的に安くなった可能性がある理由を提案する。

ビデオゲームは本当に高額になっているのか?

 一般的に言って,我々は何かの価値がどれくらいあるのか知っていたいと思うものだ。その判断は,論理というより感情,無形の直感に基づいている。ゲームに関して言えば,我々はゲームの値段が安いか,あるいはほとんどの場合,高いかを知っている。しかし,残念なことに,そのような価値判断の能力も,インフレによって崩れてしまう。

 最近,世界的にインフレが深刻な問題となっている。いかなる国も金利の上昇,需要の縮小,人員削減により,スタグフレーション,さらと無縁ではなく,さらには世界同時不況も懸念されている。安定した商品が値上がりしているとの報道は日常茶飯事である。

 本稿執筆時点では,英国のインフレ率は40年来の高水準にあり,2桁台に突入するのも間近である。インフレの影響は至るところに見られる。日用品や食品の価格は軒並み上昇している。マクドナルドは14年ぶりに値上げをした(参考URL)。Amazon Primeは8年ぶりの値上げとなる(参考URL)。通常,時間とともに価格が低下するテクノロジーでさえも,無縁ではいられないのだ。Metaは,2年前に発売されていたQuest 2 VRヘッドセットを100ドル値上げすると発表した(参考URL:ただし,なぜこんなことをするのかについては,インフレ以外にもMetaのビジネスに特化した理由がある)。

Sam Naji氏
ビデオゲームは本当に高額になっているのか?

 ビデオゲームはどうだろう? レトロゲームや家庭用ゲーム機のコレクター以外にも,古いビデオゲーム技術の価格が上がれば,問題があることが分かる。PS5やXboxシリーズの新作ゲームの69.99ドルという価格設定は,もっと高くなる可能性があるのだろうか? 今のところそのようなことはないが,何でもありうる。エネルギーコストや物価が上昇し続ければ,パブリッシャはいつまで生産価格の上昇を吸収し,それを我々に転嫁してくるのだろうか?

 残念ながら,この記事はそのような疑問に答えることはできないのだが,「今のテレビゲームはどれだけ高いのか」ということを考えるきっかけにはなった。この際,無形の直感は捨てて,厳然たる事実と数字で考えてみよう。昔と比べて,今の新しいゲームはどれくらい高いのだろうか?

 Robert Grosso氏がTechRaptorに寄稿した記事のおかげで(参考URL),新しい家庭用ゲーム機ゲームの価格が時代とともにどのように変化したかを測ることができる。以下は,その分析に基づく私のグラフだ。

 グラフ1のように,新品のゲームソフトの価格は,およそ5年から7年の周期で上昇している。価格上昇は,ゲーム機のライフサイクルにおける大きなアップグレード(ゲーム技術が新しいグラフィックスの改良に移行したときや,光学ドライブの追加など)の際に起こるようだ。たとえば,1993年から2001年の間,新しい家庭用ゲーム機ゲームの平均価格は49.99ドルだったが,2005年にXbox 360とPS3が発売されると,59.99ドルに上昇している。

出典 TechRaptor
ビデオゲームは本当に高額になっているのか?

 時代とともに価格が上昇していることは明らかだ。最近のゲーム機の性能,ゲーム制作のコスト,そして自然にインフレが起こるリズムを考えると,これは当然予想されることだ。グラフ2は,同じゲーム機の発売価格を,アメリカのインフレ計算機を使って(参考URL),2022年相当の価格に調整したものだ。

 1977年のAtari 2600のゲームソフトは,現在では200ドル弱に相当する価格で販売されていたことになる。時代が進むにつれて,ゲームの価格は相対的に下がっていく。2013年当時,59.99ドルで販売されていたXbox OneとPS4用のゲームは,ゲームパブリッシャがインフレ圧力に従えば,今日では76.30ドルで販売されることになる。2020年に発売された69.99ドルのゲームでさえ,今日では80.13ドルで販売されていることになる(ゲーム価格がインフレと一定のペースで維持された場合)。これは14%の上昇だ。

ビデオゲームは本当に高額になっているのか?

 つまり,新品のビデオゲームの平均価格は絶対値では値上がりしているが,相対値では年々安くなっているのである。1977年から2020年にかけて,ゲームの平均相対価格は毎年ほぼ2%ずつ下がっているのだ。

 グラフ3は,この絶対価格と相対価格の2つを並べたものである。

ビデオゲームは本当に高額になっているのか?

 仮に2022年を基準に新品ゲームの価格調整を行った場合,1977年のAtari 2600の新品ゲームは現在の4倍,1993年のAtari Jaguarの新品ゲームは現在の2倍,Xbox360とPS3の新品ゲームは現在発売されると50割増しの価格となる。相対価格曲線は1990年代頃から浅くなり,2020年のゲーム機であるXboxシリーズやPS5に到達する頃には絶対価格とますます接近している。これは,ゲーム作りの技術的な向上,規模の経済,効率化,安価な生産額などが,40年前に最も実感されたことを意味する。良いニュースは,その傾向が下降していることだ。

 日用品やエネルギー供給以外では,日常的に販売される製品(およびサービス)の価格上昇は,何年にもわたってその価格を維持している。これは,優れた製造業のコスト予測,消費者需要,投資計画に役立つ。こういった感覚の確実性が損なわれるのは,ひどいインフレのときである。ゲームソフトを購入する顧客は,購入する前にそのゲームの価格を知っており,このような顧客との暗黙の結びつきがあるため,パブリッシャはメーカー希望小売価格(MSRP)を高く設定することには抵抗がある。ゲームソフトの製造コストに対するインフレ圧力は,こうした経済的現実に対応するために新作ゲームの価格を引き上げなければならない時期が来るまで,何年も吸収されることになるのだ。

 Xbox SeriesとPS5の新作ゲーム(AAAゲーム)の今日の価格は69.99ドルとなっている。この価格が,ベストな運営コストを満たしつつ,パブリッシャにとって儲かる需要予測に最適な価格であるという計算に基づいているものだと仮定しよう。69.99ドルが,新品ゲームを販売するための「最も効率的な」価格であると仮定するのだ。面白いので,過去に遡って,それがいくらであったかを見てみたい。

 グラフ4は,現在の69.99ドルのゲームが,過去に遡るとどのように感じられたかを示している。

ビデオゲームは本当に高額になっているのか?

 1977年当時,69.99ドルのゲームは,現在の340ドルの支払いに相当する。新しいゲームが100ドル以下になったのは,2012年になってからだ。

 これは楽しい試みだが,価格を絶対的なものではなく,相対的なものとして分析することの重要性を再認識させられる。問題は,人は「相対的なもの」ではなく,「絶対的なもの」で考えるということだ。物価が上がると,新しい価格と古い価格を比較し,個人資産にどの程度の追加コストがかかるかを判断する。このような人間の行動を念頭に置いて,もう1つの有益な傾向を見出すことができる。つまり,すべてのゲームソフトの絶対価格は,時間の経過とともに低下しているということだ。

 グラフ5では,2018年から2021年までの物理的なフルゲームの絶対価格を示している。データはISFEのGames Sales Dataから,ベルギーのビデオゲーム市場調査会社Sparkersが加工したものだ。

出典: Games Sales Data
ビデオゲームは本当に高額になっているのか?

 Switch,PS4,Xbox Oneについては,3機種ともゲームの価格が低下している。その理由は,安価なカタログゲームの販売数が増えたことや,PS5やXboxシリーズの新機種が発売され,旧機種向けの新作ゲームの需要が減少したことなど,さまざまな要因が考えられる。これらの要因を考慮しても,平均価格のトレンドが一方向に推移していることに変わりはない。この現象は,グラフ6に示すように,デジタルフルゲーム価格にも表れている。

任天堂のファーストパーティゲームは含まれない。出典:Games Sales Data
ビデオゲームは本当に高額になっているのか?

 さらに好ましいことに,英国の平均雇用年収(参考URL)は2018年から2021年にかけて年平均成長率で1.9%増加している(グラフ7参照)。対照的に,Switch,PS4,Xbox Oneのゲームの物理的およびデジタル(ファーストパーティの任天堂ゲームを除く)の合計平均価格は,年平均で6.4%減少している。人々が豊かになるにつれて,それに比べてゲーム価格は,安く感じられるようになったはずだ。

出典: Statista
ビデオゲームは本当に高額になっているのか?

 では,今日の高インフレの状況を考えると,これらのことは何を意味するのだろうか。多くの消費者にとって,ゲームは,より手頃な価格であっても,その「価値」の感覚から,依然として高価に感じられるのだ。

 かつては60ドルだったゲームソフトが,今ではグラフィックス面でもゲームプレイ面でも間違いなく同じゲームに70ドルを支払うよう求められている。また,ソーシャルメディアがゲーマーに初日にゲームを買うようプレッシャーをかけていること,ゲームソフトメーカーが記録的な利益を上げていること,多くのゲームに追加DLCやマイクロトランザクションが付属していること,無料プレイのゲームが何にでもお金を払うことを高く感じさせていることも,この状況を助けてはくれない。

 新作ゲーム(Xbox SeriesやPS5用)の希望小売価格を69.99ドル以上に引き上げるとしたら,パブリッシャとしては勇気のいることだろうが,とくに1年後までインフレが持続していれば,実現しないとは言い切れないだろう。パブリッシャにとっては,ライフサイクル半ばでの値上げよりも,新型ゲーム機の発売に合わせてゲームの価格を上げるほうが安全なのだろうが,現在起きていることを考えると,もはや何も確実なことはないのだ。

 最後に,楽観的な話をしよう。一部のエコノミストは,インフレ圧力の最悪期は過ぎ去ったと予測している。我々のために,彼らが正しいことを祈りたい。

 Sparkers と GSD について,そして彼らがどのようにビデオゲーム分析であなたを助けることができるかについてもっと知りたい人は,Webサイト sparkers.com を見るか,[email protected] に連絡してほしい。

※本記事はGamesIndustry.bizとのライセンス契約のもとで翻訳されています(元記事はこちら)

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button