テクノロジーニュース

タナティブ・リアリティをテーマに 東京藝術大学 デザイン科が展覧会「Which Mirror Do You Want To Lick?」開催 | Webマガジン「AXIS」

東京藝術大学 デザイン科 第4研究室 Visual Communication Labが主催する展覧会「Which Mirror Do You Want To Lick?(どの鏡を舐めたい?)」が、2021年10月18日(月)から11月7日(日)まで東京・上野の東京藝術大学 陳列館にて開催される。

同展は、デザインされたイメージや物体が立ち上げるオルタナティブ・リアリティをテーマに、2016年のブルノ・ビエンナーレ(チェコ)を皮切りに欧米諸国を巡回してきたプロジェクト「Wichi Mirror Do You Want To Lick ?」の日本版。

実現しなかったデザイン案や実在しないアーティストの作品などをテーマに集めたこの展示は、近年のビジネスやテクノロジー指向の議論からは見えてこない、デザインの意味づけや問いかけとしての側面を浮かび上がらせるものである。

開催される場所や時期にあわせて内容を発展させてきた同展。今回は日本および「教育」というコンテクストに挑戦し、同大学の学生たちがキュレーターたちとともに欧州の展示内容を日本に「翻訳」する。また、テンプル大学ジャパンキャンパス日本グラフィックデザイン史クラスもZINEで展示参加する。

キュレーションは、イギリスのデザイナー集団「アバケ(Åbäke)」、チェコのタイポグラファ・デザイナーであるラディム・ペスコ、グラフィックアートのキュレーターであるソフィ・デデレンが担当。日本巡回展のゲストキュレーターに、東京藝術大学デザイン科教授の松下計、「アイデア」前編集長の室賀清徳、グラフィックデザイナーの鈴木哲生を迎える。

▲アバケ

▲ラディム・ペスコ

▲ソフィ・デデレン(中央)

▲松下計

▲室賀清徳

▲鈴木哲生

フェイクニュースやイメージ編集で正しさの定義が揺らぐ今日、デザインが生み出すのは「虚構」だろうか、それとも「真実」だろうか。全42点の作品を対話とワークショップを通じて「翻訳」するプロセスのなかで、展覧会はさまざまな変化を遂げていったという。同展では、思想そして文化としての「デザイン」に向き合う重要な機会になるだろう。End

「Wich Mirror Do You Want To Lick?(どの鏡を舐めたい?)」
-デザインにおける虚構と現実の狭間-

会期
2021年10月18日(月)~11月7日(日)
10:00~17:00 会期中無休・入場無料
会場
東京藝術大学 陳列館
詳細
https://wmdywtl-tokyo2021.tumblr.com/


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button