テクノロジーニュース

アウディは2021年も意欲的に新車導入 「Q4 e-tron」にも期待を 【ニュース】 – webCG





オンライン発表会にて、2021年の見通しについて語るアウディ ジャパンのフィリップ・ノアック社長。
オンライン発表会にて、2021年の見通しについて語るアウディ ジャパンのフィリップ・ノアック社長。拡大

アウディ ジャパンは2021年1月13日、「New Year Press Conference 2021」と題したオンライン発表会を開催し、2020年のビジネス概況と、2021年の事業計画や導入予定モデルについて説明した。




フィリップ・ノアック社長(写真)は、2021年のアウディ ジャパンを象徴する文字として、飛躍を意味する漢字の「躍」を挙げた。
フィリップ・ノアック社長(写真)は、2021年のアウディ ジャパンを象徴する文字として、飛躍を意味する漢字の「躍」を挙げた。拡大




2021年1月14日に東京・青山にオープンする「Audi House of Progress Tokyo」。アウディの次世代型ブランドストア「Audi House of Progress」としては、世界に先駆けて日本で展開される。
2021年1月14日に東京・青山にオープンする「Audi House of Progress Tokyo」。アウディの次世代型ブランドストア「Audi House of Progress」としては、世界に先駆けて日本で展開される。拡大




「Audi House of Progress Tokyo」では、「Q4スポーツバックe-tron」のコンセプトモデルが見られる。導入計画が進められている量産型のQ4スポーツバックe-tronは、これとほぼ変わらないデザインになるという。
「Audi House of Progress Tokyo」では、「Q4スポーツバックe-tron」のコンセプトモデルが見られる。導入計画が進められている量産型のQ4スポーツバックe-tronは、これとほぼ変わらないデザインになるという。拡大




2021年1月13日に発売された「アウディe-tron」。既存の「アウディe-tronスポーツバック」よりもやや安価なため、EVに興味のあるユーザーへの橋渡し役となることが期待されている。なお、アウディ車全体では、2025年までに、新たに販売されるモデルの30%以上がEVになるとのこと。
2021年1月13日に発売された「アウディe-tron」。既存の「アウディe-tronスポーツバック」よりもやや安価なため、EVに興味のあるユーザーへの橋渡し役となることが期待されている。なお、アウディ車全体では、2025年までに、新たに販売されるモデルの30%以上がEVになるとのこと。拡大

プレミアムEVも続々拡充

中継のベースとなったのは、2021年1月14日にオープン予定の次世代型ブランドストア「Audi House of Progress Tokyo」(東京・青山)。アウディ ジャパンのフィリップ・ノアック代表取締役社長はまず、「(コロナウイルス感染拡大の影響で)極めて厳しい状況に直面したものの、多くの方の尽力により早期に回復できた」と昨年を振り返った。

アウディは2020年、グローバルで169万2773台を販売するなど、逆境にもかかわらずマーケットを拡大。サービスのデジタル化も推進し、オンラインでの商談をはじめとする新しい試みにも挑戦したという。

一方、同年の日本国内における販売台数は2万2304台。これは2019年比で-8%となる数字だが、「プレミアムカー市場全体では-15%という状況を考えれば大健闘」とのこと。具体的に、量産型EV「e-tronスポーツバック」を販売し日本カー・オブ・ザ・イヤーの「テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したほか、新型「Q3/Q3スポーツバック」やマイナーチェンジした「A4/A4アバント」「Q7」を展開できたことを例に、ビジネスとしての手ごたえを示した。

明けて2021年には、年末に発表した高性能モデル「RS 6アバント」「RS 7スポーツバック」「RS Q8」のデリバリーがスタート。1月7日には「A5/S5スポーツバック」および「A5/S5クーペ」のマイナーチェンジモデルを発売したほか、発表会当日の1月13日には新型EV「e-tron」をローンチするなど、好調なスタートを印象づける。ノアック社長によれば、さらに新たなEVである「Q4 e-tron/Q4スポーツバックe-tron」も10カ月ないし、18カ月以内をめどに導入できるよう準備を進めているとのことだ。

また販売網については。国内で新車販売店と中古車販売店を2店舗ずつ計4店舗開設し、既存の17店舗をリニューアルすると発表。これらのネットワーク構築に31億円を投資する見込みという。

発表会の最後には、会場となったAudi House of Progress Tokyoにも触れ、コロナ禍の状況が落ち着いたならば、工夫を凝らした展示が楽しめる同施設に足を運び、アウディブランドの歴史や哲学、アウディ車のデザインに込められた思いなどを体験してほしいと結んだ。

(webCG)

関連キーワード:
Q4スポーツバックe-tron,
e-tronスポーツバック,
A4,
A3,
Q3,
RS 6アバント,
RS 7スポーツバック,
アウディ, 自動車ニュース


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button