ライフスタイル

過労で倒れたケーキ職人が「お菓子YouTuber」として”伊勢丹デビュー”を果たすまで これこそパティシエの新しい働き方 | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

コロナ禍で飲食業はどこも厳しい。リストラされる料理人も多い。そうしたなかで「お菓子YouTuber」として人気を集めるパティシエがいる。石川マサヨシさん(47)は、レシピ動画で多くのファンをつかんだ結果、創業からわずか2カ月半で東京・伊勢丹新宿店の催事にデビューする店を開くまでになった。その成功の軌跡を紹介しよう――。


「デパートリウボウ」1階に開業したGOLDWELL1号店。一番人気の看板商品は「井戸」を模したキセキノチーズケーキ。沖縄県内でチーズやヨーグルトを製造するパメラ・アンさんのギリシャヨーグルトが使われている=2021年3月

筆者撮影

「デパートリウボウ」1階に開業したGOLDWELL1号店。一番人気の看板商品は「井戸」を模したキセキノチーズケーキ。沖縄県内でチーズやヨーグルトを製造するパメラ・アンさんのギリシャヨーグルトが使われている=2021年3月


ユーチューバーから百貨店シェフへ


飲食業界に果たして「コロナ前」は戻ってくるのだろうか。新型コロナウイルス禍による経営環境の悪化を受け、廃業する飲食店が後を絶たない。料理人やパティシエなど手に職をつけたプロの担い手たちは、自らの腕の生かし方、働き方を考える上で大きな転換点を迎えている。


そんな中、コロナ前を上回って、仕事の幅を格段に広げたパティシエがいる。4年前、心臓の病に倒れ、今まで通りには働けない“非常事態”に陥ったが、YouTubeに活動の軸を移した経験が「百貨店出店」への扉を開いた。


洋菓子職人歴28年の石川マサヨシ氏(47)。一流ホテルや個人店、専門店を渡り歩き、現在YouTubeチャンネルの運営のほか、カフェやレストランのデザート開発、経営改善をアドバイスするフリーのパティシエとして活動。沖縄で今年3月開業したチーズ系スイーツ専門店「GOLDWELL(ゴールドウェル)」を運営するキセキノで最高技術責任者を務めている。


「動画を見て練習するお客さまの方がおいしいお菓子を作ったら、業界の人はこの先どうすんねんって、自分も含めて危機感を突きつけたかった」と語る石川氏=2021年2月、大阪市内のアトリエ

筆者撮影

「動画を見て練習するお客さまの方がおいしいお菓子を作ったら、業界の人はこの先どうすんねんって、自分も含めて危機感を突きつけたかった」と語る石川氏=2021年2月、大阪市内のアトリエ


「失敗しない」レシピ動画が人気に


2018年に本格的に始めたYouTubeのレシピ動画チャンネル「パティシエ石川マサヨシ」は、最初の緊急事態宣言が発出される直前の2020年3月を境に登録者が急増、それまでの約4万人から4カ月ほどであっという間に10万人に達した。


注目は、「失敗しないスイーツづくり」を指南する動画だ。いちごショートやスフレチーズ、シュークリーム、モンブランなど定番スイーツを中心に、型の準備からデコレーションまで一つひとつの工程を紹介した60本以上のレシピ動画を掲載している。


素人でもつくりやすいように独自にアレンジしたレシピで、パティシエの卵たちの参考書的存在でもある。無駄のない手元の動きや段取りに見とれつつ、これなら簡単に作れそうだと、視聴者をその気にさせてくれる。



クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button