ライフスタイル

【世界初のVR市民団体】 NPO法人バーチャルライツ、最新VR文化に関するVR市民と専門家の意見交換イベント「VR Citizen Conference #VRCC1」を4月24日にVR空間で開催

[NPO法人バーチャルライツ]

現役議員も参加するVR市民カンファレンスがVRで開催

現役学生によって世界初のVR利用者による市民団体として設立された「NPO法人バーチャルライツ(事務所:千葉県印西市 以下 バーチャルライツ)」は、VRイベント「VR Citizen Conference」(以下、VRCC)を4月24日(土) コロナ禍でも安全なVR空間内で開催する。また寄付ならび有料(法人個人問わず入会費2,000円、年会費1万円)の賛助会員募集も始まる。

■「VRCC」開催の背景
近年、VR機器の急速な普及や世界を取り巻く生活環境の変化によってインターネット上でVR独自の様々な文化的活動が生まれつつある。
VRコンテンツの利用者であるVR市民と、法や政治等の分野で活躍する専門家の方々が互いの活動や知見についてプレゼンという形で共有し、意見交換をすることでVR文化の発展を図るという狙いから開催を決定した。

■出演者
『特別ゲスト』
・荻野稔(おぎの みのり)
大田区議会議員。NPO法人理事、議員秘書等を歴任。議員系バーチャルYouTuber「おぎの稔」としても活動中。表現の自由を守る市民団体にも所属し、東京都の非実在青少年問題についてかかわった経緯から政界入り。TwitterやDiscordなどインターネットを駆使した活動を行っている。

『パネリスト』
・ホシライム
VRカフェイベント「キタリナ」店長。VRChatにて毎週イベントを開催し絶大な人気を誇り、地上波テレビ番組で活動が紹介されるなど各界から注目を集めている。

・坂井崇俊(さかい たかとし)
エンターテイメント表現の自由の会代表。京都大学農学部卒業後、都銀やコンサルファームを経て独立。2013年に同会を設立し、マンガ、アニメ、ゲーム等における表現の自由を擁護する運動を展開している。2012年より山田太郎参議院議員の公設第一秘書を務めた。

・じゃこにゃー
法務博士(専門職)。バーチャルYouTuber「じゃこにゃー」 として法律を動画でわかりやすく解説するなど様々な活動を行っている。VRアカデミア所属。日弁連憲法動画コンテスト受賞。

・SUKANEKI
NPO法人バーチャルライツ理事長。2020年から本格的にVRコンテンツを始め、VR文化を守りたいとの思いからNPO法人を設立。VRでよく睡眠をしている。慶應義塾大学環境情報学部在籍。

『司会進行』
・Tokikaze
VRC Players Clan “ARCTIS”代表。TokikazeWorks代表。VR世界でのバーチャルフォトグラファーなどを行っている。

■参加方法
下記のconnpass、ならびにpeatixから参加申し込みを行うことでYouTubeLiveを視聴できる。
・connpass
URL: https://xram.connpass.com/event/206406/
・peatix
URL: http://ptix.at/SuF97n

■イベント公式ツイッタータグ
#VRCC1

■賛助会員ならびに寄付の募集の開始について
バーチャルライツではより多くの人、団体と関わりバーチャル空間を含む活動を発展させていくため、広く寄付、ならびに有料の会員である賛助会員の募集を開始した。

・賛助会員としての参加方法
法人個人任意団体の種別を問わず「入会金2,000円」「年会費10,000円」で参加できる
PayPal送金、クレジットカード、デビットカード払いに対応
賛助会員にはバーチャルの世界で利用することが可能な会員バッジデータならびに使用権が1年間与えられる、またVR空間上に開設されたバーチャルライツの事務所内などに設置されたネームプレートに記名される

・寄付に関して
法人は寄付の一定金額を損金算入をすることが可能
寄付が定期的に集まれば当法人の特例認定NPO法人、認定NPO法人化に寄与することができ。バーチャルライツの活動規模が発展することにより業界への還元がよりよくできるようになり寄付によりメリットが生まれる
また寄付金額に応じて下記のような名称の会員となり、VR空間上に開設されたバーチャルライツの事務所内などに各種別のネームプレートに記名される
一時に2万円以上:今期特別会員
一時または累計額が10万円以上:永世特別会員
一時または累計額が20万円以上:名誉会員
以降累計額が50万円ごと:感謝状贈呈

詳細:https://www.npovr.org/donate

■法人のビジョン
バーチャルライツはVR文化をはじめとする多様な価値観を擁護することを目的とした法人であり、各種VRイベント開催、VRに関連する政策提言などクリエータ、ユーザーのための活動を行う予定である。

■法人の立ち位置と発展の方向性
「VR世界の業界団体」であるよりはVRユーザやVR関連企業などが日々気軽に相談や交流ができる「VR世界の地元的商工会」として、ユーザ目線で距離の近い団体というポジションで永続的な発展を目指していく。

■世界初となるバーチャルライツのユニークな取り組みと実績

・世界初、NPO法で定められる設立認証申請に必要な手続きをや理事総会をVR空間で実施
・設立記念パーティーもVR空間で無経費かつ50名を超える多数の参加者がVR空間のためコロナ禍でも三密を気にすることなく実施された
・匿名でも無料サービスのDiscordサーバに参加するだけで活動に参加可能の「VR会員」という世界初の会員種別の制度
・これらの制度により設立後の理事会後も理事同士での面識がなく本名も呼ばないが滞りなく業務は可能とした

■高校生だった理事長が「世界初」のNPO法人設立に挑んだ想い
VRはその体験をするまでのハードルの高さから、独特の文化が築かれてきた。

近年はヘッドマウントディスプレイを含むVR技術の進歩やコロナ禍とテレワークの普及のような世界情勢の変化によって多くの人がVRに触れる機会が増えつつある。

そのような環境の中でVR空間において匿名でいる権利がプラットフォーマー側から軽視されているのではないかという問題意識や、VR独自の文化を継承し、新規のVRユーザーへのサポートを営利によらず拡充させていく必要を感じたことからNPO法人の設立を決定した。

NPO法人として設立するに至ったのは、これまでユーザーや任意団体として行われてきた活動だけでなく、関連団体との連携を深めていくことによってVRユーザー全体の利益を生み出していく必要があること等の観点から、社会的にも認められた公益的な組織にしていくことが最良の方策であると考えたため。

これにより組織を発展、確立するこができ、将来的にバーチャルリアリティ文化を中心としたインターネット上での自由な表現活動の発展に広く貢献できると考える。

文化の発展という目的の遂行において、当法人の活動が営利目的ではなく、多くの市民の方々に参画していただくことが不可欠であるという点から、特定非営利活動法人として活動をするのが最適であると判断し設立に至った。

■バーチャルライツへの参加方法
『正会員』
通常のNPO法人の会員と同じく個人名と住所の登録を要する

『賛助会員』
法人・団体・個人問わず入会費2,000円と年会費1万円によって参加できる。
法人は寄付を損金算入をすることが可能
詳細:https://www.npovr.org/join

『VR会員』
バーチャルライツのユニークな世界初の会員種別、匿名のまま、DiscordというスマホやPCブラウザからでも参加できるメッセンジャーのサーバに参加することで参加が可能

参加URL: https://discord.gg/X92xdRJMEh

■役員紹介
・理事長
國武 悠人
VR内の名前:SUKANEKI

・副理事長
矢野 芳典
VR内の名前:にゃ~の♪/姫神梓

・理事
横田 幸平
VR内の名前:にこまる334

・理事補佐
大森 天斗
VR内の名前:巳波みなと

■法人概要
法人名:NPO法人バーチャルライツ
所在地:〒270-1352 千葉県印西市大塚三丁目22番地23
代表者:理事長 國武悠人
設立:2021年3月
事業内容:VR文化の普及促進・表現活動の支援
URL:https://www.npovr.org
連絡先:[email protected]

■本プレスリリース文責ならびに問い合わせ・取材窓口
矢野芳典
連絡先:[email protected]
電話番号:070-1486-2323(理事長:國武悠人)

■配信を行う団体「xRAM(xR with Anything Meetup)」について
バーチャル空間やオンラインを活用し、クリエイターや開発者の知見の発表や交流をうながす勉強会コミュニティ。

様々なコンテンツを企画/発信しつつ、VRSNSの発展とユーザー/クリエイターコミュニティの育成にも注力しています。

コミュニティの目的は、技術的な話だけでなく、XRに興味がある他業界の企業、クリエイター/エンジニアが発表・情報交換・交流の場をVR空間で作ること。また、スピーカーやオーディエンスにVR空間の体験と実用の機会を作ることです。

URL : https://xram.connpass.com/

企業プレスリリース詳細へ
(2021/04/20-14:46)

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button