国際ニュース

エンジンが2.4Lに! 新型「スバルBRZ」がワールドプレミア(LE VOLANT CARSMEET WEB) | 自動車情報サイト【新車・中古車】

新型「BRZ」ではスバル自慢の「アイサイト」も採用して安全性も進化!

スバルは、新型「BRZ」(米国仕様車)を11月18日に世界初公開した。米国での販売は、2021年の秋からを予定している。

A PITオートバックス東雲に紳士的で熱い「スバル」ファンが集結!

「スバルBRZ」は、水平対向エンジンを搭載したFRレイアウトのスポーツクーペ。2012年に発売した初代は「低重心」、「軽量」、「コンパクト」という特長を持つ水平対向エンジンを低い位置に搭載することで、世界トップクラスの優れたハンドリング性能を実現していた。

今回公開された新型BRZは、初代モデルが提供してきたスポーツカーならではの走りの愉しさがさらに充実。さらに、カーライフに安心感をもたらす新たな価値を加えることで誰もが愉しめるスポーツカーとして全方位に大幅な進化を遂げている。

なお、新型BRZはトヨタ自動車との業務提携で掲げる「もっといいクルマづくりの追求」の取り組みを通じて共同開発したクルマとなる。

新型「SUBARU BRZ」(米国仕様車)の主な特徴

動力性能の進化では、初代モデルから排気量を拡大した新型2.4L水平対向4気筒エンジンを搭載してトルクが15%向上。AT搭載車ではSPORTモードの制御が進化し、ドライバーの意思や操作に応じて最適なシフト操作を自動的に行ない、よりダイレクト感のあるコーナリングを可能にした。

シャシー回りでは、スバルグローバルプラットフォームのノウハウを取り入れインナーフレーム構造や構造用接着剤などを採用。初代モデルに対しフロント横曲げ剛性が約60%、ねじり剛性は約50%と大幅に向上した。また、ステアリング操作への応答性を高め、より軽快な動きを実現するとともに旋回時のトラクション性能を向上させている。

加えてルーフ、フード、フロントフェンダーには軽量なアルミを採用して重量増を抑制すると同時に、前後左右重量の適正化やさらなる低重心化を実現して運動性能を向上。18インチアルミホイール装着車には、215/40R18ミシュラン・パイロットスポーツタイヤを装備する。

走りへの期待を高める躍動感を持ったエクステリアでは、より低く、よりワイドに設置されたヘキサゴングリルが低重心を主張。あわせて、グリルから始まり後方へ連なる芯の通った造形で体幹の力強さを表現する。

走りに集中できる環境を作り出すインテリアは、シンプルな水平基調のインスツルメントパネルや低く設置したメーターバイザーにより広い視界を確保。集中して運転を愉しむことのできる室内空間を提供し、7インチTFT液晶パネルとセグメント液晶パネルを組み合わせたデジタルメーターを採用した。また、高いホールド性とフィット感をもたらすスポーツシートやApple CarPlayやAndroid Autoに対応した8インチマルチメディアインフォテインメントシステムを採用している。

進化した安全性能では、運転支援システム「アイサイト」をAT車に標準装備。各種エアバッグをはじめとする乗員保護システムを強化することで、衝突安全性能を向上。さらに、コネクティッドサービス「SUBARU STARLINK Safety and Security」を採用。「つながる安全」を提供しつつ利便性を高める機能として快適なカーライフをサポートする。

新型スバルBRZ(米国仕様車)のおもな諸元(開発目標値)

・グレード:プレミアム/リミテッド
・全長/全幅/全高(インチ):167.9/69.9/51.6
・ホイールベース(インチ):101.4
・エンジン種類:2.4L 水平対向4気筒
・最大出力(hp):228
・最大トルク(lb.-ft):184
・トランスミッション:6MT/6AT
・駆動方式:RWD(後輪駆動)
・サスペンション形式[前/後]:ストラット/ダブルウイッシュボーン
・ホイール:17インチアルミホイール(プレミアム)18インチアルミホイール(リミテッド)
・タイヤサイズ:215/45R17(プレミアム)215/40R18(リミテッド)

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button