国際ニュース

インターファクトリー【4057】、前期経常を78%下方修正 | 決算速報 – 株探ニュース

 インターファクトリー <4057> [東証G] が7月5日午前(11:18)に業績修正を発表。22年5月期の経常利益(非連結)を従来予想の1億5700万円→3400万円(前の期は1億9300万円)に78.3%下方修正し、減益率が18.7%減→82.4%減に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した12-5月期(下期)の経常利益も従来予想の1億8800万円→6500万円(前年同期は9500万円)に65.4%減額し、一転して31.6%減益計算になる。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
 1.売上高システム運用保守売上は顧客規模の拡大に伴うPVおよびGMVの増加により当初計画を47百万円上回る1,355百万円となりました。一方で、システム受託開発売上は、新型コロナウィルス感染症の影響による特需が一段落し新規の問合せが計画を下回ったこと、また、新規受注案件の大型化に伴いリードタイムが長期化したこと等により、、受注金額、開発部門の稼働時間が想定»続く

以下で推移し、結果として当初計画を326百万円下回る871百万円となりました。2.営業利益、経常利益、当期純利益2022年5月期は、現行のクラウドシステムからより汎用性の高いクラウドシステムへの移行作業を行いましたが、当該作業に係る工数が当初計画を大幅に上回り、費用も大幅に増加(当初予想比52百万円増)いたしました。また、当社は固定費中心型のコスト構造となっており、1に記載のとおりシステム受託開発売上が当初計画を大幅に下回ったことにより原価率が上昇し、利益を圧迫する結果となりました。以上により、営業利益を36百万円(前年同期比82.6%減、前回予想比77.1%減)、経常利益を34百万円(前年同期比82.4%減、前回予想比78.2%減)、経常利益を20百万円(前年同期比84.7%減、前回予想比81.5%減)に修正いたしました。※上記の予想は本資料の発表日現在において、入手可能な情報に基づき算定しております。実際の業績は、今後様々な要因によって予想数値と異なる結果となる可能性があります。以上

業績予想の修正

今下期【修正】







決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日
  旧 21.12-05   1,520 189 188 133 33.2 0 22/01/13
  新 21.12-05   1,226 66 65 45 11.3 0 22/07/05
修正率 -19.3 -65.1 -65.4 -66.2 -66.0   (%)

今期【修正】








決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日
  旧 2022.05   2,577 159 157 108 26.96 0 21/07/14
  新 2022.05   2,283 36 34 20 5.02 0 22/07/05
修正率 -11.4 -77.4 -78.3 -81.5 -81.4   (%)

※単位:売上高、営業益、経常益、最終益…「百万円」。1株益、1株配は「円」。率は「%」

※最新予想と従来予想との比較

今期の業績予想

下期業績







決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日
    20.12-05   1,135 96 95 67 17.7 0 21/07/14
  予 21.12-05   1,226 66 65 45 11.3 0 22/07/05
前年同期比 +8.0 -31.3 -31.6 -32.8 -36.2   (%)

今期【予想】

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日
    2020.05* 1,830 171 162 103 32.2 0 20/08/25
    2021.05   2,170 208 193 131 34.6 0 21/07/14
  予 2022.05   2,283 36 34 20 5.0 0 22/07/05
前期比 +5.2 -82.7 -82.4 -84.7 -85.5   (%)

※最新予想と前期実績との比較。予想欄「-」は会社側が未発表。

※上記の業績表について
  • ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算(単独決算)]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準(IFRS)、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更
  • ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。
  • ・決算期表記後の「*」は上場前の決算を示し、2018年以前に新規上場した銘柄では1株あたりの項目は株式分割などによる換算修正は行っていません。
  • ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。
  • ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。
  • ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。

【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL(企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語)に基づいたデータをそのまま使用しています。同一の会計基準内で規則変更が行われた場合については、変更は考慮せずに比較を行っています。また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button