国際ニュース

『バイオハザード7 レジデント イービル』銃は口よりも雄弁に語る―バイオ名物の実銃スペックを読み解く【ゲームで英語漬け#59】 | Game*Spark

本記事はなるべく怖くならないよう処理を施していますが、
苦手な方は閲覧をご遠慮頂きますようお願い申し上げます。

悪魔の森の奥深く、一見何の変哲もない古い屋敷…老人の叫び声が聞こえるとか…お前も家族にしてやろうか!

2017年の発売以来「最怖」の名をほしいままにする『バイオハザード7 レジデント イービル』。従来のハリウッド流モンスターパニックホラー路線から一転、スティーブン・キングを彷彿とさせるモダンホラーに新生しました。真っ暗な閉所を主観で探索するだけでも、「生理的に無理」な仕掛けがこれでもかと迫ってくる、何周しても怖い絶叫お化け屋敷になっています。

練習問題の解答

Fang:Well, good thing Lady Luck’s on our side.
ファング:なんたって、幸運の女神様がうちらの味方だからな

英語では「奇跡」を「Miracle」と「Luck」の2つに分けて訳しています。この場面は「今日はやけにツイてる」という趣旨の会話に変更しています。

こわくな~い!本当は明るく楽しい「Go tell aunt Rhody」


はい、全然怖くないですね! 本作の主題歌に引用されているアメリカ民謡「Go tell aunt Rhody」(The old gray goose is dead)は、このように本来長調で歌われる曲です。完成披露会でも説明があったように、この曲は日本の唱歌「むすんでひらいて」と同じルーツを持ち、「社会契約論」で有名なフランスの思想家ルソーが作曲したものに由来します。それが開拓時代のアメリカに渡り、陽気なフォークソングとして定着しました。

様々なバリエーションがありますが、現在一般的な歌詞はこのようなものです。

Go tell Aunt Rhody
The old gray goose is dead
The one she’s been saving
To make a feather bed
She died in the mill pond
From standin’ on her head
She left nine little goslings
To scratch for their own bread
The goslings are crying
Because their mother’s dead
The gander is weeping
Because his wife is dead

ローディーおばさんに言ってきて
あの老いガチョウが死んじゃったって
ベッドの羽毛にしようって
大事に飼ってたあのガチョウ
お池にはまって死んじゃった
あたまを水につっこんで
残ったのは9匹の子
売ってお金にするための
子どもたちが泣いている
母さんガチョウが死んだから
つがいのガチョウが泣いている
大事な奥さん死んだから

歌詞はこの先も続き、捌いて料理にしたけれど堅くて食べられず、結局お墓を作ってあげました、というところで終わります。要するに大切に飼ってたガチョウが死んじゃったという、田舎の牧場で起こった騒動の一幕ですね。死が出てもそんなたいそうな出来事ではなく、むしろ滑稽な情景として歌われています。メロディーも簡単なので、「メリーさんの羊」ぐらいの気分で口ずさむといいでしょう。

このように本来は楽しい曲ですが、童謡に付きものなのが「本当は怖い」解釈です。ガチョウの家族が「妻が身投げした家族」の比喩と捕らえると、あっという間にホラーへ様変わりします。

重労働を押しつけられて病んだ妻が湖で自殺、後半の調理しようとして失敗する部分は、遺体を処分しようとして手こずった、あるいは怨霊に襲われたとみることができます。そして、彼女を追い詰めた張本人がローディーおばさん。「Go tell Aunt Rhody」とは、「あんたのせいで死んだのよ」という意味だった…なんて説も。

いずれにしても、200年前にフランスで生まれたメロディーが長年愛されるのは、形を変えながらも歌い継がれてきたからです。本作の主題歌も強烈なインパクトを残すバリエーションの1つと言えるでしょう。

ちなみに主題歌には裏設定があり、詳しい経緯は開発インタビューなどで語られています。

サバイバルの相棒 命を預ける銃の種類を知る

『バイオハザード』シリーズと言えば、モデルガンメーカー「東京マルイ」の協力を受けた銃器のディテールです。ゲーム中に登場する銃の多くが実銃をモデルにしたもので、「サムライエッジ」シリーズは設計のエピソードと共にエアガンが制作されてきました。

銃はいざというときに淀みなく撃てるよう、所持者の好みや置かれている状況が色濃く反映されます。『バイオハザード』では状況や所持者の合わせた選定がされており、銃について知ることで登場人物の個性を窺えます。

グロック17(ハンドガンG17)

警官さんが渡してくれなかったハンドガン。アメリカンポリスの代名詞とも言えるメジャーな銃で、樹脂を採用した軽量ボディと余計な機能を切った扱いやすさが特徴。同型を『CODE:Veronica』のクリス、同19・18をを『RE:3』のジルが使用しています。

M1911A1-コルトガバメント(ハンドガンM19)

屋根裏で拾い、後に壊れた状態で見つかるやや強力なハンドガン。この銃が最初に作られたのは1911年で、なんと100年以上もほとんど変わらない設計で現在も使われています。1911年というと西部劇アクション『レッド・デッド・リデンプション』と同じ頃ですから、最早伝統工芸品の域ですね。特筆すべきはその耐久性の高さにあり、機械の大敵である水泥砂にまみれたとしても、ほとんど影響なく撃てるそうです。これ一丁でどんな場所でも生き抜ける、まさにサバイバルの良き相棒です。

マカロフ PM(ハンドガンMPM)

回想でミアが使用する小ぶりな銃。ロシア製で威力は低いものの、その分反動が弱く扱いやすさでは勝っています。『Re:3』に搭乗するロシア人のニコライも所持していました。

イサカM37(ショットガンM37)

ブロンズ像に飾られていたショットガン。「フェザーライト」の別名を持ち、大幅な軽量化が図られていて、取り回しのいい猟銃、または護身用として普及しています。米軍に採用されたこともあり、海兵隊に所属していたジャックは退役後も手に馴染んだ同型を使っていたと思われます。

ウィンチェスターModel21(ショットガンM21)

壊れたショットガンとして祖母の部屋に保管してあったもの。本格的に製造されていた時期は1959年までで、イサカと比べると年代は古いです。おそらく既に亡くなったジャックの父が所持していたものを、妻が形見として大事にとって置いたのではないでしょうか。

主人公以外の人物も使う銃の種類からバックグラウンドを想像できます。武器から読み解ける隠れた物語を探してみましょう。

練習問題:次の記事を和訳しなさい。

3 Missing During Urbex Trip
State authorities are asking for help locating three men who went missing during their travels to Dulvey Parish from New Orleans on the ninth of this month.

海外の記事を翻訳したネットニュースの中には、意図的に誤訳してフェイクニュースに仕立て上げる悪質なものもあります。見出しだけを見て拡散せず、情報元を自分の目で確かめるようにしましょう。

おまけ


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button