国際ニュース

製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年7月27日) | AnswersNews

きょうのニュース

 

第一三共「DS-1062」でも英アストラゼネカと提携―最大6400億円受領

第一三共は7月27日、抗TROP2抗体薬物複合体(ADC)「DS-1062」の開発・商業化で英アストラゼネカとグローバルな提携を結んだと発表した。日本を除く全世界で単剤療法と併用療法を共同で開発・商業化する。第一三共は対価として最大60億ドル(約6360億円)を受け取る。DS-1062は現在、日本と米国で非小細胞肺がんとトリプルネガティブ乳がんの臨床第1相(P1)試験を実施しており、第一三共は提携で開発の加速とがん種の拡大を目指す。両社のADCでの提携は、抗HER2ADC「エンハーツ」に続いて2つ目。エンハーツと同様に、DS-1062による損益と費用は両社で折半。売り上げは、日本と米国、欧州などでは第一三共が、そのほかの地域ではアストラゼネカが計上する。

 

薬価調査、規模縮小し実施へ

中央社会保険医療協議会(中医協)は7月22日、来年4月の薬価改定に向けた薬価調査について、昨年より調査対象を減らした上で9月取り引き分を対象に実施することを了承した。販売サイドの調査は昨年の3分の2の約4400客体とし、購入サイドも昨年の半分程度の規模とする。

 

IDファーマ 新型コロナワクチン、来年3~5月に臨床試験開始

アイロムグループは7月27日、子会社IDファーマが開発する新型コロナウイルスワクチンについて、2021年3~5月の臨床試験開始を見込んでいることを明らかにした。非臨床試験で動物に低用量のワクチンを経鼻投与したところ、抗体の有意な上昇を確認した。引き続き、非臨床試験で有効性・安全性を検証するとともに、医薬品医療機器総合機構(PMDA)と臨床試験に向けた協議を進める。

 

富士フイルム 米ノババックスから新型コロナワクチンの原薬製造を受託

富士フイルムのCDMO子会社フジフイルム・ダイオシンス・バイオテクノロジーズ(FDB)は7月24日、米ノババックスから新型コロナウイルス感染症ワクチン候補「NVX-CoV2373」の原薬製造を受託したと発表した。同ワクチンはノババックス独自のナノ粒子技術を活用したもので、オーストラリアでP1試験を実施中。今秋には最大3万人規模のP3試験が始まる予定で、FDBはすでに米ノースカロライナの拠点で原薬製造を開始した。

 

決算

中外製薬(2020年1~6月期、7月27日発表)

売上高3681億円(14.9%増)、営業利益1406億円(47.9%増)で過去最高を更新。関節リウマチ治療薬「アクテムラ」や血友病A治療薬「ヘムライブラ」のスイス・ロシュ向け輸出が拡大し、海外売上高は39.5 %増の1010億円。アクテムラは新型コロナウイルス感染症の臨床試験向けが輸出を押し上げた。国内は今年4月の薬価改定と後発医薬品やバイオシミラーの浸透で2.6%の減収。2020年12月期通期の予想(売上高7400億円、コア営業利益2750億円)は据え置いた。

 

最新情報を受け取る

  1. Answers>
  2. AnswersNews>
  3. きょうのニュース>
  4. 製薬業界 きょうのニュースまとめ読み(2020年7月27日)


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button