ゲームニュース

【Hothotレビュー】M1版MacBook Airを徹底検証。新旧AirとProの比較で見えた性能差 – PC Watch

Apple「MacBook Air」104,800円~

 Appleは自社開発のSoC「Apple M1」を採用した新型Macの3シリーズを11月10日(米国時間)に発表、11月17日に発売した。すでにM1版の「13インチMacBook Pro」、「Mac mini」についてはレビューが掲載されているが、今回は「MacBook Air」のレビューをお届けする。

 ここでのレビュー記事の構成は下記のとおり。すでに製品発表から時間が経過しており、外観などは旧モデルから変更がないので、興味のある章からご覧いただきたい。

MacBook Airの製品概要

 MacBook AirはOSに「macOS Big Sur バ-ジョン11.0」、SoCに「Apple M1」を採用。メモリは8GBまたは16GB、ストレージは256GB/512GB/1TB/2TBを搭載している。

 ディスプレイには13.3型のIPS液晶パネル(2,560×1,600ドット、227ppi、16:10、400cd/平方m、P3)を採用。環境光に応じて色温度を調整する「True Toneテクノロジー」をサポートする。。

 インターフェイスは、Thunderbolt 3×2、3.5mmヘッドフォンジャックで、通信機能はWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)、Bluetooth 5.0だ。

 ディスプレイ上部には720pのWebカメラ「FaceTime HDカメラ」が内蔵されており、また3アレイのマイクも搭載されている。

 キーボードはバックライトを内蔵する「MagicKeyboard」を装備。キーボード右奥の電源ボタンは指紋認証センサー「Touch ID」が内蔵されており、押すだけでロックを解除可能だ。

 本体サイズは304.1×212.4×4.1~16.1mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.29kg。筐体の素材には100%再生アルミニウムが使われており、カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色が用意されている。

 なお従来のMacBook Airは、CPUにTDP 10Wの第10世代Coreプロセッサ(Ice Lake)が採用されていた。たとえばCore i5モデルであれば、既報の記事『4コアに倍増した「MacBook Air 2020」をmacOSとWindowsで性能検証してみた』のとおり、「Core i5-1030G7」(4コア8スレッド、800MHz~3.5GHz)が搭載されている。詳しくはベンチマークの章で解説するが、新旧MacBook Airは筐体が同じでも、エンジンがまったくの別物なので、比較対象にはならないという点には留意してほしい。

【表1】「MacBook Air (M1, 2020)」のスペック
OS macOS Big Sur バ-ジョン11.0
CPU Apple M1(8コアCPU[高性能コア×4、高効率コア×4]、7コアまたは8コアGPU、16コアNeural Engine)
メモリ 8GB/16GBユニファイドメモリ(DDR4)
ストレージ 256GB/512GB/1TB/2TB SSD
ディスプレイ 13.3型(2,560×1,600ドット、227ppi、16:10、光沢、400cd/平方m、色域P3、タッチ非対応、スタイラス非対応)
通信 Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)、Bluetooth 5.0
WWAN
インターフェイス Thunderbolt 3×2(充電、DisplayPort、Thunderbolt接続時最大40Gb/s、USB 3.1接続時最大10Gb/s)、3.5mmヘッドフォンジャック
カメラ Webカメラ(720p)
バッテリ容量 49.9Wh
バッテリ駆動時間 最大15時間のワイヤレスインターネット、最大18時間のApple TVアプリのムービー再生
本体サイズ 304.1×212.4×4.1~16.1mm(幅×奥行き×高さ)
重量 約1.29kg
セキュリティ Touch ID(指紋認証センサー一体型電源ボタン)
内蔵アプリ 写真、iMovie、GarageBand、Pages、Numbers、Keynote、Siri、Safari、メール、FaceTime、メッセージ、マップ、株価、ホーム、ボイスメモ、メモ、カレンダー、連絡先、リマインダー、Photo Booth、プレビュー、ミュージック、Podcast、TV、ブック、App Store、Time Machine、探す、QuickTime Player
同梱品 30W USB-C電源アダプタ、USB-C充電ケーブル(2m)
カラー シルバー、スペースグレイ、ゴールド

MacBook Proとはなにが違う?

 MacBook AirとMacBook Proの違いは、本体色、GPUコア数(下位モデルの場合)、バッテリ容量、バッテリ駆動時間、ファンクションキー、ディスプレイ輝度、サイズ、重量、スピーカー、マイク、冷却ファンの有無と多岐にわたる。

 どちらを購入するかはこれらの違いを秤にかけて選ぶわけだが、個人的には両者のユーザー体験に大きな差はないと考える。GPUのコア数が1つ違ってもトータル性能に大差が出るとは考えにくいし、冷却ファンの有無もピークパワーの維持に違いが表われるくらいだ。バッテリ駆動時間はどちらもモバイルノートとしては平均を大きく上回っているので、スペック的に2時間短くても運用方法でカバーできる。

 ましてや、ディスプレイ輝度、スピーカーとマイクの品質については、相当マニアな人以外は気にならないレベルの違いだ。となると、どうしてもファンクションキーがTouch Barのほうがいいと考える方以外は、MacBook Airがピッタリなマシンと言える。

 なお7コアGPU版と8コアGPU版のどちらを選ぶかについては5,000円の価格差をどう捉えるか次第。メモリ、ストレージが最小構成なら7コアGPU版を、メモリ、ストレージを増量するならリセールバリューを考慮して8コアGPU版を購入することをおすすめする。

【表2】「MacBook Air(M1, 2020)」と「MacBook Pro(13-inch, M1, 2020)」の相違点
製品名 MacBook Air
(M1, 2020)
MacBook Pro
(13-inch, M1, 2020)
価格 10万4,800円~ 13万4,800円~
カラー シルバー、スペースグレイ、ゴールド シルバー、スペースグレイ
GPU 7コアまたは8コア 8コア
バッテリ容量 49.9Wh 58.2Wh
バッテリ駆動時間 最大18時間 最大20時間
ファンクションキー 物理キー Touch Bar
ディスプレイ輝度 400cd/平方m 500cd/平方m
サイズ(幅×奥行き×高さ) 304.1×212.4×4.1~16.1mm 304.1×212.4×15.6mm
重量 約1.29kg 約1.4kg
スピーカー ステレオスピーカー ハイダイナミックレンジステレオスピーカー
マイク 3マイクアレイ スタジオ品質の3マイクアレイ
冷却ファン 非搭載 搭載
【表3】「MacBook Air (M1, 2020)」と「MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)」の価格一覧
MacBook Air
(M1, 2020)
※7コアGPU
MacBook Air
(M1, 2020)
※8コアGPU
MacBook Pro
(13-inch, M1, 2020)
M1/8GB/256GB 10万4,800円 13万4,800円
M1/8GB/512GB 12万4,800円 12万9,800円 154,800円
M1/8GB/1TB 14万4,800円 14万9,800円 174,800円
M1/8GB/2TB 18万4,800円 18万9,800円 214,800円
M1/16GB/256GB 12万4,800円 15万4,800円
M1/16GB/512GB 14万4,800円 14万9,800円 17万4,800円
M1/16GB/1TB 16万4,800円 16万9,800円 19万4,800円
M1/16GB/2TB 20万4,800円 20万9,800円 23万4,800円

デザインは旧MacBook Airとまったく同じ

 筐体デザインは旧MacBook Airとまったく同じ。実測重量も過去記事のときと比較してみたが、新MacBook Airが1,279.5g、旧MacBook Airが1,278.5gだった。CPU(SoC)の変更によりマザーボードを再設計しているはずなのに、重量がほぼ同じなのは本当に驚かされた。

 ただし外観デザインが同じでも性能、使い勝手で変わっている点はある。まず、いい意味で変わっているのはWebカメラの画質。どちらも720p FaceTime HDカメラが搭載されているが、新MacBook AirはM1に搭載された画像処理機能により、ホワイトバランスや露出を調整し、ノイズも低減してくれる。室内光で撮影しても健康的な肌色でビデオ通話可能だ。

 悪い意味で変わっているのは、Thunderbolt 3経由で同時接続できる外部ディスプレイの数。1台の外部ディスプレイに6K/60Hz表示できる点は同じだが、旧MacBook Airは2台の外部ディスプレイに4K/60Hz表示できるが、新MacBook Airは外部ディスプレイが1台に制限されている。

 筆者は自宅ではノートパソコンの画面を閉じて、43型と27型の2つのディスプレイに映像出力して使っている。外部ディスプレイ1台という制限は非常に残念だ。おそらくM1の仕様上の制限によるものと思われるが、次期モデルでは解消されることに期待したい。

本体前面と本体背面

本体右側面には3.5mmヘッドフォンジャック、本体左側面にはThunderbolt 3×2(充電、DisplayPort、Thunderbolt接続時最大40Gbps、USB 3.1接続時最大10Gbps)が装備

 また、筆者はここ数年、Thunderbolt 3を4ポート搭載するMacBook Proを使い続けてきたが、今回2ポートのMacBook Airを試用して非常に使いにくく感じた。

 まず左右から充電できないのはケーブルの取り回しが面倒だし、MacBook本体を充電しつつ、モバイルディスプレイ、ポータブルストレージ、そしてスマートフォンを接続できないことも不便。インターフェイスの構成は使い勝手を大きく左右する。エントリーのMacBookにも4ポート搭載してほしいと強く思う。

【表4】キーボードの押圧力の一例
Fキー Enterキー Spaceキー
13インチMacBook Air 0.51N 0.51N 0.53N
ZenBook 13 UX325EA 0.53N 0.5N 0.51N
13インチMacBook Pro 0.51N 0.54N 0.5N
One-Netbook A1 0.61N 0.55N 0.56N
MUGAストイックPC3 0.51N 0.46N 0.47N
DAIV 4N 0.55N 0.55N 0.58N
LG gram 2-in-1 0.6N 0.6N 0.6N
16インチMacBook Pro 0.55N 0.55N 0.55N
ZenBook Duo 0.56N 0.54N 0.55N

気になるベンチマークスコアは?

 最後にベンチマークをチェックしてみよう。今回は下記の4機種のベンチマークスコアを掲載している。

  • MacBook Air (M1, 2020)
  • MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)
  • MacBook Pro (16-inch, 2019)
  • MacBook Air (Retina, 13-inch, 2020)

 下記が検証機の詳細な仕様と、その結果だ。

【表6】ベンチマーク結果
MacBook Air
(M1, 2020)
MacBook Pro
(13-inch, M1, 2020)
MacBook Pro
(16-inch, 2019)
MacBook Air
(Retina, 13-inch, 2020)
SoC Apple M1 Apple M1
CPU 高性能コア×4、高効率コア×4 高性能コア×4、高効率コア×4 Core i9-9880H(8コア16スレッド、2.3~4.8GHz) Core i5-1030NG7(4コア8スレッド、1.1~3.5GHz)
GPU 8コア 8コア AMD Radeon Pro 5500M 4GB Intel Iris Plus Graphics(300MHz~1.05GHz)
Neural Engine 16コア 16コア
メモリ 8GB 8GB 16GB 8GB
ストレ-ジ 256GB 256GB 1TB 512GB
TDP 45W 10W
OS macOS Big Sur バージョン11.0.1 macOS Big Sur バージョン11.0.1 macOS Big Sur バージョン11.0.1 macOS Catalina バ-ジョン10.15.4
CINEBENCH R23.200
CPU(Multi Core) 6,937 pts 7,744 pts 8,780 pts
CPU(Single Core) 1,491 pts 1,498 pts 1,177 pts
CINEBENCH R20.060
CPU 1,963 pts 2,092 pts 3,465 pts 964 pts
CPU(Single Core) 401 pts 401 pts 460 pts 367 pts
CINEBENCH R15.0
OpenGL 88.88 fps 88.26 fps 124.59 fps 42.52 fps
CPU 1,046 cb 1,068 cb 1,489 cb 476 cb
CPU(Single Core) 206 cb 208 cb 186 cb 146 cb
Geekbench 5.3.1
Single-Core Score 1,303 1,254 1,140 1,160
Multi-Core Score 5,895 5,674 6,921 2,733
Single-Core Score(Apple Sillicon) 1,727 1,728
Multi-Core Score(Apple Sillicon) 7,531 7,569
Compute(Metal) 18310(Apple Silicon) 26094(dGPU) 9430
Compute(OpenCL) 20868(Apple Silicon) 19248(Apple Silicon) 33059(dGPU) 8323
Blackmagic Disk Speed Test(単位:MB/s)
WRITE 1回目 2,718.4 2,276.6 2,754.6 1,329.8
WRITE 2回目 2,774.6 2,178.1 2,780.3 1,333.1
WRITE 3回目 2,871.5 2,243.2 2,737.8 1,333.5
WRITE 4回目 2,864.2 2,087.8 2,783.8 1,333.4
WRITE 5回目 2,686.3 2,327.1 2,807.5 1,331.4
WRITE 平均 2,783.0 2,222.6 2,772.8 1,332.2
READ 1回目 2,813.0 2,754.6 2,777.3 1,294.5
READ 2回目 2,744.3 2,767.6 2,775.6 1,303.4
READ 3回目 2,694.7 2,767.7 2,770.8 1,269.3
READ 4回目 2,837.9 2,756.6 2,777.8 1,301.5
READ 5回目 2,826.7 2,739.2 2,777.7 1,306.3
READ 平均 2,783.3 2,757.1 2,775.8 1,295.0
SSDをAmorphousDiskMark 1.0.2で計測(単位: MB/s)
SEQ128K QD32 シ-ケンシャルリ-ド 3,403.85 3,397.04 3,458.82 1,542.48
SEQ128K QD32 シ-ケンシャルライト 3,025.64 2,498.23 3,308.41 1,274.35
RND4K QD32 ランダムリ-ド 2,208.09 2,354.07 2,211.46 699.22
RND4K QD32 ランダムライト 2,640.48 2,679.99 1,840.10 12.93
SEQ1M QD1 シ-ケンシャルリ-ド 1,229.65 1,229.38 903.66 1,042.65
SEQ1M QD1 シ-ケンシャルライト 126.44 90.23 269.40 1,545.44
RND4K QD1 ランダムリ-ド 65.45 67.36 48.04 62.32
RND4K QD1 ランダムライト 32.08 33.45 335.37 13
Adobe Lightroom Classic CCで100枚のRAW画像を現像
7,952☓5,304ドット、カラ- – 自然 5分29秒30 5分5秒48 4分52秒99 14分14秒05
Adobe Premiere Pro CCで実時間5分の4K動画を書き出し
3,840×2,160ドット、30fps 3分18秒36 3分18秒81 3分12秒97 7分25秒60
iMovieで実時間5分の4K動画を書き出し
3,840×2,160ドット、29.97fps(品質:高、圧縮:高速) 3分10秒29 3分9秒31 3分23秒75 6分23秒58
YouTube動画を連続再生した動作時間
ディスプレイの明るさ6/16、音量6/16 16時間3分55秒 18時間35分55秒 10時間5分0秒

 最初に注目したいのが旧MacBook Airとの性能差。Core i5-1030NG7搭載MacBook Airに比べてM1搭載MacBook AirはCinebench R20のCPUで約2.04倍、Cinebench R15のCPUで約2.20倍のスコアを記録している。旧MacBook Airを購入した方のために、少しお得な買い替えキャンペーンを提供してあげてほしいと思う。

 つぎに注目したいのが13インチMacBook Proとの性能差。MacBook Proに対してMacBook AirはCinebench R23のCPUで90%、Cinebench R20のCPUで94%のスコアにとどまっている。これは誤差とは言い切れないスコア差だ。

 そこでCinebench R23実行中の消費電力の推移を計測してみたところ、いったん28W前後で消費電力が安定したものの、その後23.9Wまでじりじりと下がっていった。消費電力の推移を見たかぎりでは、SoCの発熱が高まり、クロック周波数が少しずつ低下していったようだ。つまり後半ピークパワーを維持できなかったため、MacBook Proよりベンチマークスコアが低かったのだと思われる。

 一方、実アプリではLightroomは同様にMacBook Airの処理スピードが低下したようだが、Premiere Pro、iMovieでは処理時間はほとんど変わらなかった。

 なお、Blackmagic Disk Speed Testの書き込み速度はMacBook AirがMacBook Proを大きく上回っているが、これはMacBook AirがUniversal版、MacBook Pro版がIntel Mac版でベンチマークを実施したため。どちらもUniversal版で実施したAmorphousDiskMarkでは誤差以上の差はなかった。

 バッテリ駆動時間については、MacBook Airが49.9Wh、MacBook Proが58.2Whのバッテリを搭載していることから当然後者が有利だが、それでもMacBook AirはMacBook Proの約86%に相当する16時間3分55秒もYouTube動画を連続再生し続けた。十二分すぎるほどのバッテリ駆動時間が確保されていると言える。

MacBook Airはベンチマーク実行中、いったん安定した消費電力がじりじりと下がっていく挙動が見られた

Cinebench R23を連続で9分間実行後のキーボード面の最大温度は39.1℃

底面の最大温度は37.9℃。ファンレスだが発熱は低く抑えられている(室温20.2℃で測定)

30W USB-C電源アダプタの最大温度は40.8℃

まとめ : エントリー機の処理能力を底上げしたM1の功績は大きい

 MacBook AirはMacBookのラインナップのなかでエントリーモデルに位置づけられている。そのエントリーモデルがM1搭載MacBook Proと同様に、Geekbench 5やiMovieで8コア16スレッドのCore i9-9880Hを搭載する16インチMacBook Proを上回るスコアを記録していることは驚くべき結果だ。

 Universalアプリが今後増えてくれば、MacBook Airの処理速度は向上していく。比較的安価で購入可能なエントリーモデルの処理能力を底上げしたという意味で、M1の功績は大きいと筆者は考える。


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button