ゲームニュース

日本人ゲーマーが「LGBTゲーム規制」を称賛する矛盾…今週のゲームニュースランキング | NewsCafe

日本人ゲーマーが「LGBTゲーム規制」を称賛する矛盾…今週のゲームニュースランキング (C)PIXTA

今週も、さまざまなジャンルのゲームが界隈を賑わせました。旬の話題をお届けする『まいじつエンタ』で、今週もっとも話題となったゲームニュースをご紹介します(11/24配信まで)。

1位 日本人ゲーマーがロシアに賛同!「LGBTゲーム規制」を称賛するオタクたちの矛盾

日本人ゲーマーがロシアに賛同!「LGBTゲーム規制」を称賛するオタクたちの矛盾

2位 『ブルアカ』『アズレン』に追随? お色気ソシャゲの波が日本国内にも到来

『ブルアカ』『アズレン』に追随? お色気ソシャゲの波が日本国内にも到来

3位 『スプラトゥーン3』アプデ発表が遅すぎ? シーズン制に飽きるプレイヤー続出

『スプラトゥーン3』アプデ発表が遅すぎ? シーズン制に飽きるプレイヤー続出

4位 『ソニック』最新ゲームの日本語訳が酷すぎ!「ロジックの差異が顕在化して因果の底に…」

『ソニック』最新ゲームの日本語訳が酷すぎ!「ロジックの差異が顕在化して因果の底に…」

5位 『エルデンリング』がノミネートされるも…“GOTY”で喜んでいるのは日本のゲーマーだけ?

『エルデンリング』がノミネートされるも…“GOTY”で喜んでいるのは日本のゲーマーだけ?

LGBTに対するオタクたちの矛盾

今週もっとも注目を集めたのは、ロシアの「反LGBT法」とゲームにまつわる話題でした。

今年10月、ロシア下院で同性愛などの情報を大幅に制限する、いわゆる「反LGBT法」が全会一致で通過。西側諸国のプロパガンダだとして、LGBTが登場するコンテンツを規制する動きが強まっています。

ゲームも例外ではなく、法案を提出した議員の1人がリストアップした規制すべき作品の数は数十タイトルにも及ぶとのこと。その中には、『オーバーウォッチ』や『Apex Legends』、『ライフ イズ ストレンジ』、『アサシン クリード』といった日本で人気のタイトルも含まれています。

10月にリリースされた「オーバーウォッチ2」では、トレーサーやソルジャーといったLGBTキャラが登場。また、「Apex Legends」も多くのキャラクターにLGBT設定があることでお馴染み。11月2日に始まったシーズン15で追加されたカタリストもトランス女性ということで、LGBTのキャラクターは総勢8人にのぼります。

ともあれ、いかなる内容であっても、国がコンテンツを検閲すること自体が問題。その上、性的マイノリティを狙い撃ちにするような方針を打ち出しているため、より根は深いと言えるでしょう。

当然、世間的にはロシアの方針に批判の声が多く上がっています。しかしなぜか一部のゲーマーからは、《ロシア嫌いだけどキャラの背景に多様性(笑)がついてるのも同じくらい嫌いだからナイスと言わざるを得ない》などと、賛意を示す声が上がっていました。

しかしこれは、害悪オタクたち特融のダブルスタンダードと言わざるを得ません。フェミニストによる批判が寄せられた際、オタク界隈では錦の御旗のように「表現の自由」が掲げられるのが常。しかし今回に関しては、明らかな「表現の自由」の侵犯にもかかわらず、賛同が集まるという矛盾が生じています。

ロシアの「反LGBT法」は、決して対岸の火事ではありません。LGBT描写に反発するあまり、差別意識に追従しないよう、考え直してみる必要があるのではないでしょうか。

続いては、国内メーカーのお色気ソシャゲにまつわる話題です。

国内メーカーもお色気ソシャゲを開発!

ソーシャルゲームにおいて、いかにして課金欲を煽るのかは永遠の課題。それに対する最も冴えたアンサーとして、お色気要素を過激化する方向性が生まれています。とりわけ近年海外でリリースされたタイトルには、その傾向が色濃く表れているようです。

まず印象的なのは、韓国のゲーム会社「SHIFT-UP」が開発を手掛けたシューティングゲーム『NIKKE』。11月4日よりサービスが開始すると、そのお色気的要素の多さによって注目を浴びました。

この戦略が功を奏したのか、サービス開始から2週間あまりで1,000万ダウンロードという好成績を叩き出したようです。

また、同じく韓国の「NEXON Games」が昨年2月よりサービスを開始した『ブルーアーカイブ』も大ヒット中。元々のテーマ性は「学園青春もの」なのですが、キャラクターのビジュアルは一昔前の成人向けゲームさながら。攻めたゲーム内アートも連発し、ファンを喜ばせています。

ただ、過激すぎたのか今年9月には韓国のゲーム審査機関からお叱りを食らい、「18禁版」と「表現調整版」の2種類でサービスを展開していくと表明していました。

いわば現行のソシャゲ市場は、意識的に一般向けと成人向けのギリギリを狙うような、“性的表現チキンレース”と化しています。

しかし、こうなってくるとピンチに立たされるのが国内タイトルです。ソシャゲ市場のほとんどのシェアを海外に持っていかれ、“ソシャゲ大国”としての面子が潰れかけています。

そんな中、救世主として期待できるのが「HONEY∞PARADE GAMES」の最新作『ドルフィンウェーブ』。キャラクターのデザインは韓国ソシャゲにも負けず劣らずセクシーですが、それ以上に凝った仕掛けに目を奪われます。

ゲーム内では3Dの女性キャラクターがトレーニングを行うのですが、その際にロデオマシーンやエアロバイクに乗り、息を切らせつつ汗だくで動くシーンを、きわどいアングルから描写。他にも下着姿を見られる着せ替え機能など、大胆不敵なお色気システムが搭載されています。

実は韓国のレーティングは、他国と違いレーティングの段階が厳しく定められており、法的拘束力を持つなど、規制の力も強いところ。そう考えると、比較的レーティングがゆるい国内のソシャゲ業界では、より攻めた表現が可能かもしれません

国内メーカーのプライドを賭けたお色気ソシャゲ開発に、期待が集まるところです。

果たして、来週話題になるゲームは、どの作品なのでしょうか。

【画像】

golubovy / PIXTA


クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button