ゲームニュース

MMORPG「タワー オブ アイオン クラシックサービス」アップデート「Episode2.0」本日実装!(Impress Watch)

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回のアップデートでは、新規フィールド「龍界」が実装されるほか、レベルキャップ開放も実施。さらに、新規インスタンスダンジョン(以下、ID)の実装や、上級スティグマ拡張も行なえるようになる。

■ Episode2.0「新たな世界:龍界」
□新規フィールド:龍界

入場推奨レベル:レベル51以上

 本アップデートでは、天族と魔族が争いの元凶となっている「龍族が住まうエリア(龍界)」に侵攻するストーリーが展開される。新規フィールド「龍界」が開放され、天族側は「インギスオン」、魔族側は「ゲルクマルス」への入場が可能となる。

 また、新規要塞としてインギスオンには、「貪欲の祭壇」と「古代龍の神殿」、ゲルクマルスには、「ヴァーガヴァタム封印の塔」と「赤い大地の神殿」の4カ所が実装される。

 さらに、飛行ゲージを消費せず、高速での飛空移動が可能な「風道」や、高い場所に移動したり風道に侵入可能な「上昇気流」「間欠泉」も実装される。

エリア間移動には「シレンテラ回廊」

 「シレンテラ回廊」を使うことで、互いのエリア移動(インギスオン⇔ゲルクマルス)が行なえる。「シレンテラ回廊」は、自種族が侵攻する地域(天族:インギスオン、魔族:ゲルクマルス)の要塞を1カ所以上占領していれば、利用可能になる。

※ライブ2.0では、「シレンテラ回廊」利用は要塞2カ所の占領が条件だったが、クラシックでは条件が大幅に緩和されている。

□レベルキャップ開放(レベル50→レベル55)

 本アップデートで、最大キャラクターレベルが50から55(+5レベル)に変更される。上昇したキャラクターレベルにあわせて、上位装備も多数登場する。さらにヒーロー級防具も本アップデートから初登場する。(ヒーロー級武器は、前回アップデート「Episode1.9」にてタハバタ武器が登場済み)

□新規インスタンスダンジョン
ハラメル(ソロID)

 低レベルキャラクター専用ソロ向けIDが登場。以降のレベルで入場可能になるパーティーIDの演習、低レベルでの育成強化プレイなどが主な目的となる。

※ライブ2.0での入場レベルは18~22だったが、入場レベルの引下げが行なわれている。

カスパール内部(ソロID)

 高レベルキャラクター専用ソロ向けIDとなる「カスパール内部」は、エリム族の聖水「カスパール」内部にオードのエネルギーが過度に影響を及ぼした結果、生まれた空間。

 同IDで獲得できる「シエル フォース武器」は、クエストを通じて、レア級→レジェンド級→ユニーク級に段階的にアップグレードできる。最終段階は、レベル55「シエル パワー武器」に成長可能。ソロプレイを通じて、上位クラス武器を目指せるのが大きな特徴となる。(レベル50「タハバタ武器」に近い性能を有する)

※ライブ2.0での入場待機時間は、46時間。クラシックでは大幅に緩和され、1日1回プレイ可能となった。

棄てられたウダス神殿、ウダス神殿地下(パーティーID)

 パーティー向けID「ウダス神殿」は、同じ洞窟内に「棄てられたウダス神殿」「ウダス神殿地下」が共存する。それぞれ別IDとして扱われ、入口や待機時間も別々に設定されている。「ウダス神殿地下」は、「棄てられたウダス神殿」の上位ダンジョンで、攻略難易度も高くなっている。

パシュマンディル寺院(パーティーID)

 「Episode2.0」アップデートで最高難度を誇るパーティー向けIDで、エンドコンテンツの1つとなる。入場口は、龍界「インギスオン(天族側)」と「ゲルクマルス(魔族側)」を繋ぐ「シレンテラ回廊」南端に位置する。

 同IDは、入場時に「ノーマル」、「ハード」の難易度選択が可能で、「ハード」では、高グレードアイテムが多数ドロップする。また、広大なマップに加え、15体のネームドボスが登場することも大きな特徴で、「Episode2.0」最強クラスのボスモンスター「ルドラ」も出現する。討伐すると「Episode2.0」最強装備「ルドラシリーズ」入手のチャンス。

チャントラ ドレドギオン(戦場型ID)

 「チャントラ ドレドギオン」は、天族、魔族、龍族が三つ巴で戦うPvPvE戦場型ID。龍族の旗艦「ドレドギオン」に天族、魔族の精鋭たちが同時潜入して侵攻する。「激戦地ドレドギオン(レベル 46~50)」の上位バージョンで、マップ構造や目的などはほぼ同一となる。

※捕虜収容室の代わりに補給品倉庫があるなど、一部変更が加わっている

□新規レイドモンスター:赫怒の破片 メノティオス

 アビス深層部で出現する「最初の破片 メノティオス」の上位グレード「赫怒の破片 メノティオス」が新たに登場する。アビス深層「神聖の要塞」地下に出現し、フォース単位(12人以上)での攻略が必要な最強モンスターとなる。

 ライブ環境で登場した「憤怒の破片 メノティオス」とは異なるクラシック版で初登場となるモンスターで、レベル55および召喚方式での出現となる。「神聖の要塞」を占領したレギオン長に「神聖の要塞 封印解除石」が支給され、封印解除すると対戦可能だ。討伐すると、高レベル強化石や「神石の袋」などをドロップする。

□新規アイテム:レベル55 エリート プリムスピルス装備(アビス装備)

 新たに追加された功績勲章(青金の功績勲章)とアビスポイントで交換できるPvP装備に「レベル 55 プリムスピルス」シリーズが追加される。主に対人戦に向いた性能を有した装備で、2.0環境での対人装備の中では最上位装備となる。

 また、本アップデートを記念して、現在ログインしたプレーヤー全員に「ディーヴァニオンクーポン」が配布される。このクーポンを使用すると、「レベル 55 エリート プリムスピルス防具(肩/腕/脚)」いずれか1点を獲得できる。

□上級スティグマ スロット(4~5カ所目)の拡張

 スティグマ拡張クエストをクリアすると、上級スティグマ装着スロットが3つから最大5つへと増加する。スティグマ1つにつき、新たなスキル1種が使用可能となり、戦術の幅が大きく拡張される。新たな上級スティグマスキルも追加されるため、クラス別で大きな2つのスキルツリーが最大限活用できるようになる。

□ディーヴァパスに復帰者パス / イベントパスが登場

 ミッションクリア(デイリー/ウィークリー/シーズン)で獲得できる経験値を使って段階的な報酬が獲得できるシステム「ディーヴァパス」に、「復帰者パス」と「イベントパス」が登場。

 「復帰者パス」は、28日間接続記録がないプレーヤーが参加できるパスで、一般パス+追加報酬を獲得できる。

 「イベントパス」は、限定ミッションをこなしてレベルUPを行ない、レベル段階に応じて専用コインを獲得できるイベント連携パス。入手したコインは、コインSHOPにて貴重なアイテムと取引できる。

□その他日本向けチューニング
・「ティアク研究所」で一部アイテム獲得率やアビスポイント報酬がアップ。入場レベルもレベル51以上に変更。
・既存ID「ノフサナ訓練所」、「炎の神殿」、「悪夢」、「暗黒のポエタ」で装備ドロップ確率を上方修正。
・アビス上層中央3要塞(ラミレン/クロタン/ドキサス)、宝物庫で遺物獲得確率を上方修正。
・アビス上層部の中央宝物庫の入場レベルをレベル51~55までに変更・要塞戦で出現する守護神長のレベルや「アビス宝物庫」の出現モンスターのレベルをレベル55基準に調整。
・「タハバタ武器箱」製作に必要な「微かなタハバタの証」必要数が30個に減少。
・その他、アビス下層要塞の占領が、種族勢力比に影響しないよう調整。上層要塞を独占した場合、勢力比が一方の種族に大きく傾きやすくなり、劣勢種族側に強力なバフ支援が提供されるようになる。
©NCSOFT Corporation. Licensed to NC Japan K.K. All Rights Reserved.
※ゲームのスクリーンショットの一部画像は、ライブサービス実装当時のものとなる。

GAME Watch,清真(クラフル)

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button