ゲームニュース

Live2Dの世界一を決めるコンテスト『Live2D Creative Awards 2022』作品募集開始!10月17日(月)まで|株式会社Live2Dのプレスリリース

 

  • 『Live2D Creative Awards』とは

Live2Dを使ったオリジナル作品のクオリティを競い合う年に一度のコンテストです。
2014年から始まったこのコンテストをきっかけに、多くのLive2Dのプロが輩出されました。

▼Live2D Creative Awards 2022 特設Webサイトはこちら

https://live2dawards.com/2022/

 

募集期間:2022年6月17日(金)~10月17日(月) 日本時間23:59まで
結果発表:2022年内発表予定
応募資格:
・アマチュア、プロ不問
・年齢・国籍・職業不問
・グループ可
・法人不可
コンテスト主催:株式会社Live2D
 

制作した作品を「YouTube」、「Twitter」、 「bilibili」、「Weibo」のいずれかにアップロードし、応募フォームより必要事項を記入し応募します。
詳しい応募要項や注意事項は特設Webサイトをご確認ください。

▼Live2D Creative Awards 2022 特設Webサイトはこちら

https://live2dawards.com/2022/

 

グランプリ:1名
最も優れたLive2D作品
・CLIP STUDIO PAINT EX 2 デバイスプラン 2年版
・Adobe Creative Cloudコンプリートプラン 1年分
・TourBox Elite SPセット(トランスルーセント本体+専用USBケーブル+専用キャリーケース)
・MSIツールセット(Dock+ゲーミングヘッドセット+エコバッグ)
・KAI-YOU.netでのインタビュー掲載
・賞金50万円+トロフィー

映像表現作品賞:1名

アニメーション映像美やLive2Dの新たな表現技法を活かした作品

・Wacom Cintiq 16

・TourBox Elite SPセット(トランスルーセント本体+専用USBケーブル+専用キャリーケース)

・CGWORLD 年間購読

・賞金10万円+トロフィー

インタラクティブ作品賞:1名

Live2Dを用いた独創的な作品、応用技術作品

・TourBox Elite SPセット(トランスルーセント本体+専用USBケーブル+専用キャリーケース)

・鏡音リンレンスピーカー

・MediBang Premium 500GB/1年プラン

・CGWORLD 年間購読

・賞金10万円+トロフィー

Live2Dモデル賞:1名

デザイン性や、可動域が優れたLive2Dモデル作品

・AVerMedia最新配信セット

・MediBang Premium 500GB/1年プラン

・CGWORLD 年間購読

・賞金10万円+トロフィー

学生賞(大学・専門学生の部):1名

学生(大学・専門学生)に該当するクリエイターの手によってつくられた優秀作品

・CLIP STUDIO PAINT PRO 1 デバイスプラン 2年版

・Adobe Creative Cloudコンプリートプラン 1年分

・MSIラッキーセットA(ゲーミングマウス M99+Modern Bag+エコバック+ポーチ+ラッキーフィギュア)

・賞金10万円+トロフィー

学生賞(高校生以下の部):1名

学生(高校生以下)に該当するクリエイターの手によってつくられた優秀作品

・CLIP STUDIO PAINT PRO 1 デバイスプラン 2年版

・Adobe Creative Cloudコンプリートプラン 1年分

・初音ミク バックパック

・MSIラッキーセットB(ゲーミングマウス M99+エコバック+ポーチ+スマートフォンスタンド)

・賞金10万円+トロフィー

フューチャー賞:2名

表現や技術としての将来性や、目新しさを感じさせる作品

・書籍「Live2Dの教科書 静止画イラストからつくる本格アニメーション」

・書籍「たのしいLive2Dの入門教室」

・MediBang Premium 300GB/1年プラン

・トロフィー

参加賞:100名

上記の賞には該当しない参加者の中から抽選でプレゼント(日本国内在住の方に限ります)

・パルミー体験セット

・MSI ラッキーキーホルダー

・MediBang Premium 20GB/1年プラン

・Live2Dオリジナルグッズ

 

  • Live2D Creative Awards 2022 特設サイト

コンテストの参加方法や注意事項は特設サイトをご確認ください。

▼Live2D Creative Awards 2022 特設Webサイトはこちら

https://live2dawards.com/2022/

 

※順不同

【スポンサー】

▼株式会社セルシス

https://www.clipstudio.net/

▼株式会社ワコム

https://tablet.wacom.co.jp/biz-design/

▼アドビ株式会社

https://www.adobe.com/jp/creativecloud/buy/students.html

▼ANYCOLOR株式会社

https://www.anycolor.co.jp/

▼株式会社Yostar

https://www.yostar.co.jp

▼株式会社エルザジャパン

https://www.elsa-jp.co.jp/

▼アバーメディア・テクノロジーズ株式会社

https://www.avermedia.co.jp/

▼TSUKUMO(株式会社ヤマダデンキ)

https://www.tsukumo.co.jp/bto/pc/game/

▼TourBox Tech Inc.

https://bit.ly/3MOXgBJ

▼株式会社MediBang

https://medibangpaint.com

▼エムエスアイコンピュータージャパン株式会社

https://jp.msi.com

▼株式会社エムディエヌコーポレーション

https://books.mdn.co.jp/

▼株式会社ビー・エヌ・エヌ

http://www.bnn.co.jp/

▼株式会社パルミー

https://www.palmie.jp?aff_id=live2d_award

▼株式会社アウリン

https://www.auryn.co.jp/

【メディアパートナー】

▼KAI-YOU inc.(株式会社カイユウ)

https://kai-you.net/

▼インサイド(株式会社イード)

https://www.inside-games.jp/

▼PANORA(株式会社パノラプロ)

https://panora.tokyo/

▼CGWORLD(株式会社ボーンデジタル)

https://cgworld.jp/

▼Tokyo Otaku Mode

https://otakumode.com/

 

イラストを立体的に動かすことができる日本発の技術です。日本・アジアを中心に世界中で幅広く使われ、多数のヒットゲームを支える技術として普及しています。
近年では、高品質なイラストをそのままに動かせる特徴を活かし、VTuberを生み出す技術としても注目されています。

▼5月30日に公開したプロモーションムービー。過去のコンテスト受賞者・ファイナリストの作品が起用されています。

 

  • 株式会社Live2Dについて

日本から世界標準となるソフトウェアを生み出すべく、独自技術『Live2D』の研究開発およびLive2Dを活かしたグラフィックス制作、Live2D公式マーケット「nizima(にじま)」や、Live2Dのオンライン学習サービス「Live2D JUKU(ライブツーディージュク)」などを運営。また株式会社アニプレックスと共同でLive2Dによる長編アニメーション映画の制作も行っている。
 

  • コンテスト開催履歴

過去の受賞作品は以下よりご覧ください。

・2021年度:https://2021.live2dawards.com/

・2020年度:https://www.live2d.jp/award_archive/award2020/finalist/

・2019年度:https://www.live2d.jp/award_archive/award2019_finalist/

・2018年度:https://www.live2d.jp/award_archive/award2018/

・その他:https://live2dawards.com/2022/#index-history

▼Live2D Creative Awards 2022 特設Webサイトはこちら

https://live2dawards.com/2022/

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button