【継続こそ力なり】チントレの効果と正しい方法

「もうペニスは大きくできないのか」

これは男として年代関係なく永遠のテーマだと思いますが、とりわけ中高年には特に惹かれるテーマではないでしょうか。

私自身、昔から大きなチンコに憧れていましたが、40歳を目前に控えたアラフォーの今、昔よりも増大欲求が高まっています。

昔描いていた40代は「The おじさん」という感じで、仕事や家庭のことで頭が一杯で、エロいことなんてほとんど考えてないんだろうと思っていましたが、いざ自分が40代に差し掛かってみると、頭の中は中学時代と大して変わってませんでした。

「あー若くて可愛い女とやりて~」

こんなことばっかり(笑)考えてて、SEXもエロも大好きなままです。

しかし、若いころとは違って体力的にはキツくなってきたし、SEXにの回数やタイミングも激減しています。そのため1回のSEXにかける情熱は昔よりもはるかに増しています。

だからこそ、「もっと大きいペニスになりたい」「100%の硬さで臨みたい」「もっと挿入時間を長くしたい」「もっと満足させたい」と、SEXに貪欲になっている自分に驚きます。

ペニス増大についても散々調べ尽くしました。男のエロへの探究心の凄まじさを改めて認識しました(笑)

調べた結果わかったことは、実は、ペニスは日頃の努力を怠らなければ、何歳になっても増大できるということです。

今回はペニスを大きくするためのトレーニング「チントレ」について、やり方や効果、メリット、デメリットを紹介していきます。

意外と知らない!?ペニスの仕組みを知ることでチントレの意義を知る

筋トレするなら筋肉について知らなければ効率の悪い筋トレしかできません。営業するなら自社商品の本質を知らなければ、小手先のメリットだけを打ち出しても相手に響きません。

同じように、ペニスの仕組みを知らずに闇雲にチントレをしていても思ったような効果は得られません。

というわけで、まずはペニスの仕組みについて知っておきましょう。

勃起は血流量だ!

ペニスは尿道海綿体が1つ、陰茎海綿体が2つ、合計3つの海綿体によって構成されています。

海綿体には血管がさまざまに張り巡らされています。普段はチョロチョロと流れている血管ですが、エロい刺激を感じると一気にブワッと大量の血液が流れて膨張します。これが勃起です。

勃起には血流量を増やすことが重要です。

ペニスの大半は体内に埋もれている!

ペニスは見えている部分だけではありません。体内にも伸びていて、じん帯で固定されています。

体内に入ってしまっているペニスの部分は思った以上に長くなっていて、また、じん帯がペニスを体内に引き込もうとする力も大きいんです。

ペニスを固定しているじん帯を柔らかく、伸ばすことができれば、体内に埋もれているペニスを外側へ押し出すことができてチンコは大きくなります。

チントレの意義

  • 血流量を増やすこと
  • 埋もれているペニスを引っ張り出すこと

この2つがチントレの意義です。

「チンコをデカくしたい!」という思いを一心に、ひたすらトレーニングに励むのもいいですが、「どんな効果があってトレーニングをするのか」を考えてチントレするほうが科学的でしょ?(笑)

チントレの方法

では、主なチントレ方法を紹介していきます。

チントレ方法1:ミルキング

ミルキングはペニスの血流をよくしていくチントレです。

やりかたは、まずペニスを反勃起状態にして、次に人差し指と親指でわっかを作って、ペニスの根元を握ってみてください。

その後、中指から薬指から小指と順番にそれぞれ約20秒ずつペニスを握ってみてください。

牛の乳搾りのような感じを思い描いてください。ネーミングはそのまんま乳搾りですし。

この動きを約5分程度おこなって、ペニスの亀頭へと血流を促して勃起を高めていきます。

チントレ方法2:ジェルキング

ミルキング同様、血流をよくする効果が期待できるのがジェルキングです。

まずは、ぺニスを半勃起状態にして、ペニスにローションやオイル、クリームなどを塗ってみてください。

次に、人差し指と親指の輪っかでペニスの根元をにぎってください。

そして、そのままゆっくりと亀頭に血流を促すイメージで亀頭に向かい指をスライドさせていきます。

こちらも5分くらいおこなってみてください。

チントレ方法3:ひっぱり法

ペニスを固定しているじん帯をゆるめて、体内に入っているペニスを外側へ伸ばしていくチントレ方法です。

ひっぱり法は、ペニスが勃起状態ではなく通常の状態でおこないます。

まずはカリを親指と人差し指で円を作ってひっかけ、そのまま約20秒間ペニスを伸ばすイメージで引っ張ってみてください。

次に30秒休んでから、上記と同じように引っ張っりながら円を描くようにぐるぐる回してみてください。

手で引っ張るのは面倒くさい方や、簡単にできない方には、おすすめな道具として、勝手に引っ張ってくれるペニスポンプという道具があります。

インターネット上では約1000円前後で激安な商品があります。壊れやすいとは聞きますが、販売会社がノーブランドで大量生産しているから安いだけで、品質は悪くありません。

チントレ方法4:PC筋を鍛える

直接ペニスそのものをさわるだけでなく、PC筋という筋肉を鍛えることでペニスの増大化が期待できる方法です。

PC筋とは、恥骨と尾骨を支える筋肉の総称です。

PC筋そのものは、排尿のコントロールをしたり、ペニスを外側に押し出したりして、海綿体へ血液を送る際にポンプの役割をする働きがあります。

PC筋を鍛えることでペニスの増大化だけではなくて、ペニスの勃起力向上効果も同時に期待できます。

その筋トレ方法は、肛門をキュッと約5秒閉め、5秒緩める運動を10回くらい繰り返してみてください。

ペニスを上下に動かす動きもPC筋のトレーニングになります。

チントレ方法5:スクワット

一般的に知られているスクワットです。太ももの筋肉を鍛えることが可能です。

この太ももの筋肉は身体の中でもかなり大きな筋肉で、ペニスにも近い位置にあります。

大きな筋肉を鍛えることによって、身体全体の血流を良くすることができ、ペニスの血流が良くなる可能性を秘めています。

また、早漏防止にも一役かっていると巷ではいわれていますね。

チントレのメリット・デメリット

チントレには明確なメリットとデメリットがあります。

チントレのメリット1:無料でできる

例えば、確実にペニス増大できるという増大手術をおこなうのであればかなりの費用がかかります。

注射1回でも約10万円くらいかかります。

それに比べてチントレは、ペニスポンプやジェル代がかかる場合もありますが、基本的には無料でおこなうことができます。

費用がかからないので継続しておこなうことができるのも重要なポイントですね。

チントレのメリット2:継続することで増大効果が期待できる

ペニスを大きくするためには血流量アップとじん帯を緩めることが必要ですから、チントレは理にかなったトレーニング方法です。

筋トレと同じで、正しい方法で継続することで増大効果は確実に期待できます。

チントレのデメリット1:即効性がない

手術のように、すぐに効果が期待できる方法ではありません。即効性を期待している人には不向きです。

筋トレやダイエットでも継続が最も困難であるように、チントレも継続することが最も困難なことかもしれません。

チントレ自体は難しい方法ではないのですが、それゆえに継続していくことが大変だったりもします。

また、ペニスの増大効果が遅くなる分、どうしても結果がなかなかでないことに焦って途中でリタイアしてしまう方もいるかもしれません。

だからこそチントレ=継続が、ペニス増大には非常に大切なのです。

食生活でペニス増大を強力にサポート

筋肉増大には筋トレだけじゃなく食生活がとても大事ですが、それはチントレでも同じです。

食生活の改善は、ペニスを肥大化させることにも大切な役割を果たしています。

特にシトルリンは確実に摂取しておきたい成分です。

シトルリンは血管を広げ血流を改善させる効果が期待ができ、ペニスの血流も良くなることに繋がっていきます。

たとえば、シトルリンはスイカやメロン、ゴーヤや、ニンニクなどにも多く含まれていますので、日々の食事にも取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、タンパク質もペニスの増大化のために摂取したい栄養素の一つです。

タンパク質は、新しい細胞や筋肉を作っていく効果が期待でき、ペニスの海綿体の周りの筋肉をつくっていくことや、ペニスの新しい細胞生成に繋がっていきます。

良質なタンパク質は、肉、大豆食品、卵などに多く含まれていますが、お肉の中でも、赤身の肉やささみに特に高いタンパク質が含まれていますし、豆腐や納豆も同時に摂取するとより効果が高くなります。

さらに、ペニスの勃起力を保つことに効果のある亜鉛を多く含む牡蠣や牛肉も摂取してみてくださいね。

食生活を見直して、今まで摂取していなかった食材があれば、是非摂取してみてください。

食生活の改善が難しいならサプリメントで手軽に栄養素を補給

ペニス増大にはシトルリンは絶対に外せない成分ですが、毎日スイカやメロンを半玉も食べるのは難しいですよね。

そういうときこそサプリメントに頼ってみてはいかがでしょう。

シトルリンのサプリメントは安いものがいくつもありますが、増大に必要な成分はシトルリンだけではありません。

実際、僕もシトルリンだけを3ヶ月飲み続けてみましたが、1mmも大きくなりませんでした。

増大に必要な成分は、シトルリンの対となる存在のアルギニン、精力関連には欠かせない亜鉛、他にもトンカットアリやムクナなどがあります。

これらを別々のサプリメントで摂取するのは効率的ではありません。

そこでペニス増大専用のサプリメントの出番です。ペニス増大サプリメントにはチンコを大きくするために必要な成分がほぼすべて含まれています。

ペニス増大サプリには、ペニスを大きくするための成分はもちろん、勃起力を向上させる成分や精力増強する成分なども含まれています。

僕自身、試して効果があったのがヴィトックスαというサプリメント。

12.3cmから15.6cmになりました。太さも直径で7mmほど太くなったので、見た目では2周り以上多きくなりました。

ヴィトックスαのレビューはこちらに詳しく掲載していますので、よかった参考にしてください。

平均チン長以下の36歳が、ヴィトックスαを6ヶ月試して3センチ増大に成功した話

現在でもチントレと日々の食事そしてヴィトックスαを摂取していますが、大きくなったこと以外にも、勃起したときの硬さが20代のときのようにカッチカチです。中折れなんて一切ありません。

女性はチンコの硬さを何よりも重視しますが、それは男も同じなんだと思うようになりました。挿入の気持ちよさが全然違います。

試しに半勃ち状態で挿入してみてください。それほど気持ちよくないことがわかります。

他にも、体調は毎日快調です。

疲れたとき、コンビニで栄養ドリンクを飲んだりすると思いますが、ヴィトックスαには滋養強壮成分も豊富に含まれているから毎日栄養ドリンクを飲んでいるようなもの。

疲れにくくなりましたし、疲れても翌日には回復しています。

休日に出かけるのはめんどくさいな、ゆっくり休みたいなと思っていましたが、積極的に外に出るようになりました。活力がみなぎるというわけではありませんが、バイタリティーは増したと思います。

ぜひチントレとヴィトックスα、試してみてくださいね。

このページの先頭へ

画像の右クリックは禁止しています